FC2ブログ

The Masterdon Committee"Gotta Get You Hot Off The Music"(Enjoy ER 6029)1982

masterdon_gotta.jpg

"Gotta Get You Hot Off The Music"は'82年にリリースされた、
マスタードン・コミッティーのデビュー・シングル。彼らの経歴に
関しては以前"Funkbox Party"を紹介した際に詳しく書いたので、
そちらをご参照ください。

2回めなので、前より詳しく書いてみようと経歴を改めて調べたり
したのですが、ろくなデータがない...彼(マスター・ドン=ドネル・
マーティン)は'93年に脳腫瘍で亡くなっているため、残された親族や周辺の
ミュージシャンへのインタビューがここに載っているのですが、やはり本人でないと
面白くかつ正確な話は聞けないですね...DJのスキルの高さ、
独特なファッション・センス、モテモテで常に女性に囲まれていた...といった
断片的な話題が中心でした。彼らはハーレムを中心に活動していたため、
その周辺のミュージシャンたち-カーティス・ブロウ、ダギー・フレッシュ&バリー・B、
ディスコ・フォー、トレチャラス・スリー、フィアレス・フォー等-の横の繋がりやビーフが
分かったのは面白かったですが。曲に関しても、代表作"Funkbox~"についての
話題は常に出てくるのですが、今作を含めた他の4枚のシングルについては
誰も語っていないのでした。

プロデュースはエンジョイ・レーベルのオーナー、ボビー・ロビンソン
ですが、実際の音作りやバックの演奏を行っているのはパンプキン
彼の周辺のスタジオ・ミュージシャンになります。

パンプキンのファンキーなドラムのフィル・インからはじまり、
ピーシズ・オブ・ア・ドリームの"Mt. Airy Groove"を引用したエレピが
ピピピとアクセントを入れます。ファズのかかった太いシンセ・ベースを
バックに、メンバーが"We Gotta Get You Hot~"と集団でラップします。
その後も「ホット! ハハッハハッハー」と何度も繰り返しながらユニゾンで
ラップして盛り上げていきます。短くヴォコーダーやパーカッションの
ソロを交えながらコーラスが続いた後、女性のペブリー・プーから
ソロ・パートへ。一人がしゃべると集団ラップが応えるように返す、
の流れを繰り返し、終始盛り上がりっぱなしのままフェイド・アウトします。

唄ものとラップの中間のようなスタイルで、コーラスとガヤの迫力で
押し切るパーティ・チューン。ヴォコーダーやシンセ・ベースも入って
いるものの、生ドラムを中心に据えた音作りはエレクトロというより
ディスコ・ラップ直系に聞こえます。こういう音はライヴの現場で
聴いてみたいですね。






Scorpio"(Go Michael)Air Jordan"(Criminal CRIM 00008)1986

scorpio_gomichael.jpg

スコーピオはグランドマスター・フラッシュ&ザ・フューリアス・ファイヴ
メンバーであるラッパー。この曲はグループが一時分裂状態にあった'86年に
リリースされたもので、ソロ名義では'85年の"Black Shades"につづいて
2枚めになります。

彼は本名をエドワード・モリス(Edward Morris)といい、'60年10月12日に
ブロンクスで生まれています。幼少時の様子は不明なのですが、17歳の頃に
ティミー・ティム(MC)&クラーク・ケント(DJ)が行っていたライヴ・
パフォーマンスに衝撃を受け、自らもラッパーになる決意をしたとのこと。
その後、ジュニア・ハイスクール時代からの友人だったメリー・メルに
誘われて、フューリアス・ファイヴの4番目のMCに加入します。そこから
シュガーヒルを離れる'84年ごろまでの話はメリー・メルの項を参照して
ほしいのですが、当初は良好だったレーベルとの関係が'82年の"The Message"の
頃からギクシャクし始め、権利問題で揉めるようになって完全に決裂。
スコーピオはラッセル・シモンズのデフ・ジャムに接近するのですが、
そこでシュガーヒル側から契約期間が満了していないからと邪魔が入り、
ますますシュガーヒルに敵意を抱くようになっていったとのこと。
ちなみにメリー・メルはこの頃まだシュガーヒルに留まっていたのですが、
彼との友情は変わらず続いていたそうです。

すったもんだの末スコーピオは(ファット・ボーイズをヒットさせていた)
ストラ・レコーズと契約。ソロ・デビュー曲"Black Shades"をセルフ・
プロデュースで発表します(ゲストでメリー・メルも参加)。翌年には
設立されたばかりのアーサー・ベイカーのクリミナル・レコーズと
契約を交わし、今作を発表。

タイトルからもわかるように、今作はNBAのスター・プレイヤーだった
マイケル・ジョーダンに捧げたもの。インタビューによるとスコーピオは
ジョーダンの熱烈なファンで、今作にも本人に参加して欲しいとシカゴ・ブルズの
試合がNYで行われた際にスタジアムまで会いに行ったが、ジョーダンは
その場に現れなかったとのこと。なんだかほほえましいエピソードですが、
ジョーダンの音楽の好みはクワイエット・ストーム系の甘いR&B(アニタ・
ベイカーとか)らしいので、コワ面のラッパーが現れて戸惑ってしまった
のかもしれません(笑)。

今作のプロデュースはスコーピオとベイカー。スクラッチ担当として
(デフ・ジャム時代に縁が出来た?)ジャズィ・ジェイが参加しています。

バスケの試合中によく流れるようなファンファーレ風のオルガンにつづいて、
飛行機の離陸音が流れ、スコーピオが"Go Michael,Air Jordan~"と
可愛らしい声で(ラップでなく)唄います。TR-808がユル目のビートを刻み、
ジェイがジョー・テックスの"I Gotcha"やジャッキー・ロビンソンの
"Poosy Footer"等をコスります。つづいてスコーピオのラップがスタート。
スクラッチ音を従えつつ、ジョーダンがいかにスゴいプレイヤーかを
語っていきます。サビでは冒頭のコーラスが再び現れ、その後はここまでの
流れが繰り返されますが、終盤は"Air! Air! Air!""Jordan! Jordan! Jordan!"と
左右のチャンネルに振り分けられた声が連呼されてフェイド・アウトしていきます。

グループ時代の圧倒的な集団ラップを耳にしているので、ひとりで
パフォーマンスするこの曲はかなり物足りない...まあ今作は彼のアイドルへの
ラヴ・ソングみたいなものなので、どこか遠慮がちになってしまったのかもしれません。
ドラム・マシンとスクラッチのみのトラックは初期のデフ・ジャム風。これは
ジャズィ・ジェイの色が出たのでしょうか。



動画は曲の頭2分弱ほどだけのものしか見つかりませんでした...

X-Ray Vision"Video Control"(Manhole X-RAY 001)1984

xrayvision01.jpg

X-レイ・ヴィジョンはスペシャル・リクエストザ・バガーズ等を
紹介済のホセ"アニマル"ディアスによるプロジェクト。レーベルも
バガーズと同じマンホールです。

ホセはクイーンズ生まれのヒスパニック。生年は不明ですが'60年代
半ばごろと思われます。彼の母親はオペラ歌手で、幼少の頃は音楽に
囲まれるように育ち、自然とそれに関わる職業に就きたいと思うように
なっていったとのこと。当初はギターを習っていたのですが、十代後半の
時に友人がオサラを廻すクラブへ連れていかれ、そこでの聴衆の熱狂ぶりに
衝撃を受けて、自身もDJに転向する決意をします。

当初は地元の小さなクラブで活動を始めたのですが、彼の高いスキル、
場の空気を捉える能力等からすぐに多くのクラブからお呼びがかかる
ようになり、NYの人気クラブ-キット・カット・クラブ、クラブ・エキスポ、
パレイディアム、ヴィサージ、チャイナ・クラブ等-でもプレイする
ことになります。

クラブDJとして人気が高まるとつづいてラジオにも進出。WKTU局を
中心にWHTZ、WQHT等でも活躍し、オン・エア中に生でミックス・プレイの
妙義を聴かせ、クラバー達以外からも人気を得るようになります。
そうしているうちに彼の名がレコード制作の現場にも届くようになり、
'82年にイタロ・ディスコ系ボー・ボスの"Tequila"(チャンプスのカヴァー)
という曲のリミックスからスタジオ仕事にも関わるようになります。

その後はラジオDJを続けながらレコードでのリミックスも手掛け、
マン・パリッシュの"Hip Hop,Be Bop"サイボトロンの"Clear"等の
ヒットにも貢献。さらに、ジョンズン・クリューのリミックスでトミー・ボーイと
縁が出来た彼は、同レーベルに友人のカルロス・デ・ヘスースと作った
スペシャル・リクエストのデモを持ち込み、この曲が"Salsa Smurph"
としてリリースされることになります。

つぎつぎとヒット・レコードに関わるようになったこの頃、スペシャル~の
ように比較的大手のポップス寄りの作品ではなく、自身の作りたい音を
追及するレーベルとしてホセとカルロスが設立したのが今作のマンホールに
なります。X-レイ~とバガーズの明確な違いは不明ですが、X-レイは
ホセが中心になって作られたもののようです。

そんなわけで今作の作/プロデュースはホセが担当。ゲストとして
デリン・ヤング、ウェンディ・ユンカーなる男女のヴォーカリストが
参加しています。相棒のカルロスもA-2のラジオ・エディットで参加。

宇宙船の着陸のようなシンセのピコピコ音につづいて、エコーのかかった
TR-808が硬いビートを刻み、ファズのかかったシンセ・ベースがアクセントを
加えます。ホーン・シンセがメインのリフを奏でるとロボ声の男声が
曲名を連呼し、つづいて女性が緊張したトーンでナレイションを始めます。
ゲームのSEのようなシンセ音が何度も挿入されながらナレイションが
つづき、短くパーカッションのソロ等が挟まれながらビデオに
マインド・コントロールされる現代社会の恐怖(?)を語っていきます。
終盤は重低音のスネア連打~一音連打のシンセ・ベースでフェイド・アウト。

字面だけ追うとやけに重いテーマの内容に思えますが、音の印象は
B級SFアクションでも見ているような軽めのカッコ良さです。
エレクトロ→電子音→未来→SFみたいな、人工的でメタリックな
ダンス・ミュージックとしての出来はなかなかでした。

B面はバガーズ同様SEだけが聴ける"Sound Effects"とインストが収録
されているのですが、アーティスト名にひっかけて一部の文字が
裏返して左右逆に読むように印刷されています。裏焼きにはされて
ないところが微妙に親切(笑)。レコードの溝も内から外へ進むように
刻まれていて、遊び心が楽しいです。

この後のホセは'90年前後までラテン・ヒップホップ/ハウス寄りの
プロデュース業を行いますが、その後は芸名をDJアニマルと改めて
本来のDJ業に専念しています。HPを見ると、'00年にナゴヤドームで
カウントダウンDJを行ったのがずいぶん印象深かったらしく、
バイオグラフィや写真で大きく紹介されているのがちょっと嬉しいです。


B面。年号や回転数は通常なのに、他の文字は右から読むように印刷されています。
溝が内周からスタートするので、「聴く時はココに針を置いて」の文字も。

xrayvision02.jpg







WKTUでのDJプレイを録音した音源。プラネット・パトロールの"Play At Your Own Risk"をメインに、クラフトワーク"Numbers"や
「プラネット・ロック」等が挟みこまれています。0:20~に映る画像で美女に挟まれているのがホセです。

Whodini"The Haunted House Of Rock"(Jive JD 1 9026)1983

whodinihaunted.jpg

"The Haunted House Of Rock"は'83年にリリースされた、フーディニの
通算5枚めのシングル。彼らの経歴に関してはデビュー曲の"Magic's Wand"
際に書いたので、そちらをご参照ください。

デビューからここまでの彼らは、トーマス・ドルビー、ロイ・カーター(
元ヒートウェイヴ)、コニー・プランクと、非アメリカ/非ヒップホップ畑の
プロデューサーとばかり組んできたのですが、今作をプロデュースしているのは
ウィルスデン・ドジャース。彼らもロンドンのバッテリー・スタジオを拠点に
活動する白人コンビでした。

今作はジャケットからもわかるように、ホラー風味を音/詞に盛り込んだもの。
前年のメガ・ヒット、マイケル・ジャクソンの「スリラー」の影響もあるかと
思いますが、彼らはグループ名からしてマジシャンのハリー・フーディニから
取っているし、そういうファンタジー/ホラー的な味付けは元々の持ち味なのでしょう。
ホラーと言っても本気で恐ろしい感じではなく、遊園地の書き割りでも見ているような
軽いノリで、幽霊屋敷の中でラップしたり、踊りまくってパーティだ!!といった
感じの内容を語っています。

また、彼らはデビューのきっかけを作ってくれたラジオDJのミスター・マジックからの
影響を公言しているのですが、もう一人師匠と崇める存在なのがプロデューサーの
ケントン・ニックス。ターナ・ガードナーの「ハートビート」やグウェン・マクレーの
「ファンキー・センセーション」の作者として知られるディスコ畑の人物ですが、
彼から「ライムの内容は出来るだけシンプルにした方がいい」とアドバイスをうけて、
それを守った結果ヒットを出すことが出来たと信じているとのこと。この曲の詞には
ジキルとハイド、アダムス・ファミリー等さまざまなモンスターが登場するのですが、
そのうちの一人インヴィジブル・マンというのはニックスのことを言っているのだ
そうです。

冒頭はドラマ仕立てで、道を歩いていく足音が横切り、雷鳴やカラスの鳴き声が聞こえる
中、屋敷のドアを開けるとモンスターの低いうめき声が聞こえ、つづいてパーカッションと
シモンズ・ドラムがミディアム・テンポのビートを刻みはじめます。ファズのかかった
シンセが太いベース・ラインを弾き、デジタル・シンセがおどろおどろしいリフを
繰り返します。その2種のシンセが抜けるとラッパーが登場し、不気味感を煽る
ストリングスとファンキーなエレクトリック・ベースをバックに屋敷の内部の様子を
語っていきます。さらにそこでのモンスター達のパーティの模様をひとしきり語った
ところでドラムとパーカッションのブレイクへ。ダブ処理されたモンスター達の叫び声が
現れては消え、盛り上がったところで再びラップへ。その後はMC二人が屋敷から逃げ出す
様子が寸劇風に語られ、SEと共にフェイド・アウトしていきます。

ホラーと言ってもどこかお子様向けのユルさがある感じで、エレクトロ好きからは
B面のヴォコーダー・ヴァージョンのほうが人気があるようです。こちらはラップが入らず、
代わりにヴォコーダーが"It's Just What You Wanted, Somethin' Funky and Haunted..."等と
繰り返すだけなのですが、お化け屋敷にロボットが迷い込んだようなまがまがしさが
味わえます。

彼らのイギリス/ヨーロッパ録音によるシングル・リリースはこの曲で終わり、この後は
ラリー・スミスにプロデュースを委ねることになるのですが、R&B寄りのポップで
メロディアスな音作りは一貫していて、ミスター・マジック/ケントン・ニックスの
教えを守り続けているのだなあと思ってしまいます。






ヴォコーダー・ヴァージョン




Davy DMX"The DMX Will Rock"(Tuff City TUF 120003)1986

davydmxwillrock.jpg

"The DMX Will Rock"は'85年にリリースされた、デイヴィDMXのソロ名義では
2枚めになるシングル。彼の経歴については以前"One For The Treble"
取り上げた際に詳しく書いたのでそちらを参照してほしいのですが、
オレンジ・クラッシュのメンバーとして活動した後のことを今回は
少々詳しく書いてみます。

オレンジ~の面々が徐々に単独での活動にシフトしていった頃、デイヴィは
カーティス・ブロウとの繋がりを強めていきます。ブロウがプロデュースした
ファット・ボーイズの最初の2枚のアルバムや、フィアレス・フォーの
"F-4000"
等でトラックの演奏部分を担当。当時のブロウの関連作で聴ける
特徴的な重低音ドラムはデイヴィが担っていたことがわかります。
その後ブロウのDJだったクール・DJ・A.J.が辞めたのをうけて、デイヴィは
ブロウの専属DJ兼ギタリストに収まり、彼のアルバム"America"では
大半の曲のドラム・プログラムを担当。そちらでの仕事を主軸に置きつつ、
自宅では4トラックのレコーダーに自作のデモを録音して、ソロ・デビューの
チャンスをうかがっていました。

ソロではアーロン・フュークスのタフ・シティ・レコードと契約し、同レーベル
ではまずスプーニー・ジーの"The Big Beat"を制作。つづいて自己名義の
"One For~"を'84年に発表します。翌年は"America"の制作で忙しい中、
ギター/ドラム・マシン/シンセ/スクラッチ等の演奏部分を全てひとりで
作り上げたのが今作です。

単音のシンセ・ベースがボボボ・ボン・ボ・ボンとリズミックなリフを弾き、
その音とユニゾンでヴォコーダーが"The DMX Will Rock,Into The Beat
Get Up"と間断なく繰り返します。同時にDMXがミディアム・テンポのビートを
刻み、ハード・ロック風のギターやスクラッチがアクセントを入れます。
1分ほどその流れが続いた後、2種類のホーン・シンセがメインのメロディを
弾き始めるのですが、そちらもミニマル風なフレーズを繰り返し、ヴォコーダーと
交代で現れて盛り上げていきます。終盤にドラム・ブレイクが入り、そこに
ヴォコーダーとスクラッチが加わって、掛け合うようにフレーズを繰り出しながら
フェイド・アウトします。

2曲めには同曲のラップ・ヴァージョンが入っているのですが、ドラム以外は
ほぼ別の曲と言ってもいいぐらいシンセ/ベースのフレーズが変わっています。
ラッパーは女性のスウィート・Tとアイヨニ・J(Iyoni J.)。二人がラン=DMC風に
掛け合いを繰り返し、サビではポップなメロディを唄っていて、ヒップホップ・ソウルの
はしりとでもいえそうな音に仕上がっています。オリジナル・ヴァージョンは
ヴォコーダーの無機質な感覚が強調されたエレクトロ・オタク(笑)向け、
ラップ・ヴァージョンは女子ウケも良い一般向けといったところでしょうか。
前者のほうは"One For~"と基本的な音作りは殆ど同じで、ちょっと色を付ける
というか、違いを出したくてこういう作りになったのかもしれません。

この後のデイヴィは、ブロウの活動停滞に伴ってソロでの仕事が増え、名前も
デイヴィ・Dと改めてデフ・ジャムと契約。ソロ・アルバム"Davy's Ride"を
発表したり、ラン=DMCや(元の仲間ソロ・サウンズが改名した)アフロスの
プロデュースを行ったりしています。

今回の原稿は"The Foundation"のインタビューも参考にしたのですが、控え目な
方らしく、質問には必要最小限の答えをボソッと返す感じであまり面白くない...
いかにも裏方、音ひと筋のトラック・メイカーという印象でした。






ラップ・ヴァージョン





プロフィール
クロい音楽全般が好きなのですが、 ここではエレクトロとオールド・スクールの アナログ盤に絞って紹介していきます。

KDMX

Author:KDMX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR