スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Various Artists"Equidity Funk"(Traffic TEG 3321)2009

equidityfunk.jpg

"Equidity Funk"は'09年にアメリカのトラフィック・エンタテインメントから
リリースされたコンピレイション。選曲者のクレジットはなく、トラフィックの
スタッフが選んだものと思われます。

ライナーも無く、中ジャケは個々の曲のオリジナルのレーベル写真が小さく載って
いるのみ。これは以前スーパー・コパースプーニー・ジーを紹介した時に名の
あがった伝説のプロデューサー、ピーター・ブラウン("Dance Wit Me"等のヒットで
知られる白人ディスコ・シンガーとは別人)のレーベルから出た曲のうち、ファンク度の
高い曲を集めたコンピになります。

ライナーの素っ気なさを逆手に取って今回はピーターの経歴を調べてみようと
思ったのですが、ろくなデータが無い…彼のレーベルの中では最もメジャーだった
P&Pで彼とタッグを組んでいたパトリック・アダムスに関してはインタビュー
記事等が出てくるのですが、基本的にはレーベル・オーナーで音作りにタッチすることは
無かったピーターについてはあまり興味が持たれてない、ということですかね。
「激レアなディスコ~ガラージ系やオールドスクール・ヒップホップの12インチを
多数リリースしていた謎のインディ・レーベルのプロデューサー」みたいな説明に
終始していることが殆どでした。

数年前に、ピーター関連の音源を網羅したコンピ"P&P Records Hits Hits Hits"が
リリースされた際の特設サイトにピーター自身が生い立ちを語る長尺のビデオが
上げられているのですが、お年を召した方のためなかなかのフガフガぶりで何を
言っているのかさっぱりわからず、2分ほどで断念(泣)。困ったあげく手持ちのCDを
いろいろと調べてみたところ、'02年に出たオールドスクールのコンピ"Super Rap"
経歴らしきものをようやく発見出来たので、今回はこちらを元に書いてみます。

ピーターはジョージア州アトランタの生まれ。生年は明らかにされていませんが
'40年代の後半と思われます。10代後半にレコード・ビジネスに憧れてシカゴに赴き、
そこで出会ったのがヴィージェイ・レコードのオーナー/プロデューサーのカルヴィン・
カーター
。カルヴィンに「いいレコードを作ったら俺のレーベルでディストリビュート
してやる」と言われ、さっそくピーターはシカゴ市内でとあるゴスペル・グループ
(名前不明)をスカウトしてレコーディング、テープをヴィージェイに持ち込んだところ、
レコードがリリースされたとのこと('61年頃)。

その後ピーターはデトロイトに移り、ベリー・ゴーディ・Jrの父"ポップス"ゴーディと
親交を深めます。そこからモータウンとの繋がりが出来て、同レーベルのスタッフとも
接触するようになり、レコード・ビジネスの内情を知るようになっていったそうです。
そしてようやくニュー・ヨークへ。それまでは主にレコードのプロモーション業を
行っていた彼は、その頃から自分のレーベルを持ちたいと考えるようになり、
ポール・ウィンレイや(まだブルーズ/R&B系だった)ファイア~フューリー・レコーズの
ボビー・ロビンソン、またベル・レコーズのスタッフ等から全国規模にレコードを
配給するためのノウハウを学んだとのこと。

彼の制作した初のレコードはチャールズ・ウォーカーというブルース系のシンガーで、
曲はマディ・ウォーターズの"40 Days & 40 Nights"のカヴァー('71年ごろか?)。
その制作でレコーディングのプロセスも学び、つづいてはP&Pレーベルを設立して
フレイム&ザ・ソンズ・オブ・ダークネス(後のリズム・メイカーズ~GQ)のシングル
"Solid Funk"('72年)を発表します。この曲のプロモーションでフロリダやナッシュヴィル、
ボルチモア、そしてNYのラジオ局を廻った結果、ヒットに繋がったそうです。

'75年ごろ、ピーターはロニー・ジョンソンなる人物の仲介でプロデューサー/
ソングライターのパトリック・アダムスと出会います。トゥデイ・レーベルとの
契約でもめてホされていたパトリックはピーターに接近、当時パトリックが
制作を手伝っていたフォー・ビロウ・ゼロというグループのシングル
"My Baby's Got E.S.P."をピーター経由でルーレット・レコードと契約させ、
そこから二人のタッグが本格的に始まります。ピーターはP&Pをルーレット傘下に
移して配給を安定させ、レーベル運営も軌道に乗るようになっていきました。

資金繰りやレコードのプレス、プロモーション等はピーターが、そして音楽の
制作はパトリックが担う両輪体制が出来てリリースも加速、'76年にはパトリックの
変名プロジェクト、クラウド・ワンの"Atmosphere Strut"がディスコを中心に
ヒットを記録します。これではずみがついたピーターは'70年代後半から
ものすごい勢いでディスコ系のシングルをリリースするようになります。
売れっ子になったパトリックの代わりにレコード制作にはマイケル・キャンベル
ゲイリー・デイヴィス(ジャズ・オルガニストのリチャード・グルーヴ・ホームズの甥)
をスカウトし、自らはNY周辺のレコード店を直接セールスして廻り、日銭を
稼いではそれを制作資金にあてて、夜はクラブ等で新人をスカウト…という
繰り返しで膨大な量の12インチが作られたそうです。

'79年には「ラッパーズ・ディライト」の大ヒットをうけてピーターも
スプーニー・ジーをスカウトし、ヒップホップの市場にも参戦。ラヴバッグ・
スタースキー
(当時はリトル・スタースキー)やバーナード・トーマス等の
初レコーディングもピーターのレーベルからでした。

このコンピは12曲入り。レーベルもランド・オブ・ヒッツ、ヘヴンリー・スター、
ゴールデン・フラミンゴ、ジョージア・ピーチほかバラバラですが、全て
ピーターのレーベルなのでレーベル毎の区別は意味がありません。音もエレクトロ・
オンリーではなく、ファンク~ディスコ、生演奏のディスコ・ラップのほうが
中心。詳しい曲目はこちらを参照してほしいのですが、オリジナルの12インチは
レアなものばかりです。アルバム・タイトルにもなったミスタファイドの曲は
コレクターのウォント・リスト常連のレア盤ですね…エレクトロ好きが注目する
のは私も好きなスーパー・コパーや曲名が気になるスタックスの"New York
Computer Break Dance"あたりか。前述の"P&P Records Hits Hits Hits"を買えば
全部揃ってはしまうのですが、オールド・スクール好きなら押さえておきたい
内容でした。



peter_brown01.jpg
ピーターのお顔はこんな感じ(V/A"Sounds Of New York,U.S.A."のライナーより)。
こちらの掲示板のイアン・デュウハーストのコメントによると「見たまんまの人」だそうです…




スタックス"New York Computer Break Dance"




ミスタファイド"Equidity Funk"





Various Artists"Essential Electro Dancefloor Classics Volume 1"(Deepbeats DGPCD 685)1994

deepbeatselectro.jpg

"Essential Electro~"は'94年にイギリスのディープ・ビーツからリリースされた
コンピレイション。選曲/ライナーを担当しているのはイアン・デュウハーストです。

イアンはイギリス北部のリーズ出身の白人男性。子供のころからモータウンを中心
としたノーザン・ソウル系のレコードの熱心なコレクターで、'71年に16歳にして
ノーザン系のDJとして活動をはじめます。すぐに人気DJとなった彼はワイガン・
カジノ、クリーソープス・ピア、シェフィールドのSamantha's等の有名クラブで
レギュラーとなり、知名度をあげていきます。'75年ごろにはレコード収集のため
だけにLAに移住(!)、半年間で膨大なコレクションを増やして帰国。選曲を
ノーザン中心からディスコ/ファンク/ジャズ・ファンク/エレクトロ等もかける
エクレクティックなものへと拡大。'83年にはロンドンに移り、週末にはクラブ
DJを行いながら、ウィークデーにはEMIレコードのA&Rマンとして働きはじめます。
その後はシリアス・レコーズやアイランド・レコーズで多数のコンピレイションを
編纂し、'90年には自身のレーベル、マスターカッツを設立。「クラシック・ジャズ・
ファンク・マスターカッツ」等のシリーズがベスト・セラーを記録し、イアンは
コンピの選曲家としても名を上げていきます。

'94年にはルイス・デネのレーベル、ディープ・ビーツ内で「エッセンシャル~
クラシックス」のシリーズをスタート。こちらでもノーザン・ソウルから
ガラージ、ヒップホップ、スロー・グルーヴものまで多様な楽曲をコンパイル。
そのうちの1枚がこの「エッセンシャル・エレクトロ」になるわけです。

ライナーではエレクトロの音楽的な内容や誕生の背景、また今日の音楽へ与えた
影響などが触れられ、その後収録曲の解説に移っていくのですが、イアン自身が
思い入れが強いシャノンの"Let The Music Play"について特に詳しく述べられ
(彼の強いプッシュのおかげで当時の所属クラブのボスが同曲のイギリスでの
ライセンス・リリースを獲得し、結果UKチャートでトップ10入りするヒットに
なったのだとか)、その後それ以外の曲について触れられていきます。

その他に収録されているのはマン・パリッシュ、ホット・ストリークウェスト・
ストリート・モブ
G-フォースC.O.D.など。カナダのUnidisc経由でライセンス
取りをしているからか、またイアン自身の嗜好なのかヒップホップ畑のエレクトロが
少なく、R&B寄り~唄もの系の選曲が中心になっています。

他のコンピではあまり見られない目玉曲はビル・ウルファーの"Papa Was A Rollin'
Stone"とフレッド・ファウラー(パーナードの弟)の"Girl, You Need A Change Of Mind"等。
ビルはマイケル・ジャクソン等のアルバムに参加してきたキーボード奏者がソロ・
アルバムでテンプテイションズの有名曲をカヴァーしたもの。フレッドの曲は
マーリー・マールが本名のマーロン・ウィリアムズ名義でプロデュースするR&B
ナンバーですが、エディ・ケンドリックスの原曲をファルセットで歌い上げる
ガラージ寄りの内容で個人的には今イチでした…あと、マン・パリッシュの
"Hip Hop Be Bop"
はクレジット上では単に「リミックス」となっていますが、
実際にはディスコネットのレアなコンピにしか収録されたことのない
アシッド・ハウス・リミックスだとのこと。まあ、これもTB-303のビコビコ言ってる
ベース音が目立つだけで、エレクトロ好きとしてはそそられないんですけどね…

このシリーズは翌年にVol.2もリリースされるのですが、そちらもコンクや
ワープ9等ヒップホップ以外のエレクトロが多く、どうも食い足りない内容でした。



ウェスト・ストリート・モブ"Mosquito"

マルコム・マクラレンの"Hobo Scratch"をひたすらスクラッチして女性の語りをかぶせただけ(笑)の曲。


フレッド・ファウラー"Girl,You Need A Change Of Mind"




Various Artists"Breakdance"(Sanctuary TV TDSAN017)2005

breakdance.jpg

"Breakdance~"は'05年にイギリスのサンクチュアリ・レコーズからリリース
されたコンピレイション。選曲を担当したのは同レーベルのスタッフだった
ウィル・ニコルと評論家のジョン・リードです。

ウィルはイギリスのエンタテインメント・UKというレコード・ショップの
スタッフとして働きはじめ、その後ミニストリー・オブ・サウンド、
ビーチウッド(マスターカッツのシリーズを出したところ)、サンクチュアリ、
ソニー等のレーベル・マネージャーを歴任してきた人物。現在は音楽出版
会社のオーナーを務めているようです。

ジョン・リードは評論業を行いつつ、'90年代後半から数々のコンピレイションの
選曲/構成を担当してきた人。ソウル~ファンク、ヒップホップ系は
もちろん、ロック/パンク/オールディーズ/レゲエ等さまざまなジャンルの
コンピの編纂を行っています。いわゆる音楽馬鹿(ホメ言葉です)みたいな
タイプですかね。このコンピはウィルが企画をたて、細かい選曲等は
ジョンが担当したものではないかと思います。

CD2枚組で36曲を収録。今作はエレクトロのみでなく、ブレイクダンスが
テーマなので、'80年代後半以降のヒット曲も多数入っていて、デ・ラ・
ソウルやハウス・オブ・ペイン、ステイツァソニック等の曲も含まれて
います。以前取り上げた"Electro Breakdance""Rockit"あたりの
コンピと同様に、グレー・ゾーン向けの需要も狙った入門的な内容と
いう感じでしょうか…

また、オールド・スクール系にも目配せが効いていて、グランドマスター・
フラッシュ
スプーニー・ジー、ファンキー・4・プラス・ワン、
カーティス・ブロウ等で10曲以上を占めています。

そうやって厳格に削っていくとエレクトロの曲は意外に少なかった(汗)…
「プラネット・ロック」"Looking For The Perfect Beat"ジョンザン・
クリュー
アーサー・ベイカー"Breaker's Revenge"ハシム等が収録
されていて、最低限の基本は押さえています。まあR&B~ポップス寄りの
オリー&ジェリーやハロルド・フォルターマイヤー"Axel F"あたりも
無理やりカウントすれば少しマシかな。

他のコンピではあまり見られないような目玉曲はヒップ・ハウス系の
キング・ビー"Back By Dope Demand"やトーキング・ヘッズのサンプルで
知られるシュガー・ベアー"Don't Scandalize Mine"等。う~ん、
エレクトロ好きにはアピール弱いですね…

ライナーはウィルorジョンの個人的な回想を書いたもののようですが、
イギリスでのヒップホップの流行~伝播の様子を簡単に記したもの。
「金曜の夜にTESCO(イギリスの代表的なスーパー・マーケット)の
駐車場で盛り上がっている連中を発見した」…みたいな感じで、
雑誌の見出し文のようなノリでした。まあ、ビギナー向けって
ことかなあ。



アーサー・ベイカー"Breaker's Revenge"




シュガーヒル・ギャング"Apache"




"The Bass That Ate Miami":DVD

bassthatate01.jpg
一昨年の夏にDVDがリリースされていたようですが現在は既に入手不可の模様。う~む、出遅れた…


エレクトロのレコードを集め始めたころは毎日食い入るように
眺めていたElectro Empireのフォーラムですが、最近は投稿数も
めっきり減ってチェックするのも月イチ程度に…久々に寄ってみると
面白い動画が紹介されていました。

マイアミ・ベース・ミュージックの歴史をたどるドキュメンタリー、
"The Bass That Ate Miami:The Foundation"のフル・ムーヴィー(!)です。



これは、フロリダのカット・イット・アップ・デフ・レーベルが制作した
映画で、監督は同レーベル所属のプロデューサー/DJのアレックス・ウィア
(Alex J. Weir)。インタビュアー/狂言回し的な役回りで、こちらの
フォーラム
等でマイアミ音楽への深い造詣を示していた評論家の
ジョー・"パパ・ウィーリー"・ゴンザレスが登場します。

19世紀にヘンリー・フラグラーがマイアミの産業の基礎を作ったあたり
から始まりますが、すぐに1970年代ごろの話に移り、ヘンリー・ストーン
が設立したTKレコードやクラレンス・リード/ブロウフライが当地での
音楽産業を発展させたこと、ディスコ・ブーム~KC&ザ・サンシャイン・
バンドの成功でダンス・ミュージックが定着したこと、「プラネット・
ロック」の登場でエレクトロ・ファンクが流行し始めること、などが
次々と語られていきます。

基本的にはミュージシャンやプロデューサーへのインタビューと、
その当時の曲やビデオ・クリップ、ライヴやTV出演時の映像などで
構成されているわけですが、その出演者がすごい。ブロウフライや
ビー・ジーズについて嬉々として語るエイモス・ラーキンス、「初期の
作品はラン=DMCやデフ・ジャムの模倣から始めた」と告白するミスター・
ミックス(2・ライヴ・クルー)
、もともとはバンドのギタリストとして
活動していたというプリティ・トニーDXJことジェイムズ・マコーリー
ダイナミクス・IIのロン・アロンゾ&デイヴィッド・ノラー、DJデボネア等、
当ブログで紹介した人たちがつぎつぎと動いている姿で見れるあたりには
興奮しました。

2・ライヴ・クルーの"Throw The D"あたりからいわゆる「マイアミ・ベース」の
音が確立され、映画の後半はそれ以降に登場した後進のラッパーたちに話題が
移るのですが、そちらでもハイド・アウェイ・スタジオのプロデューサー、
ジミー・スター(やはり白人でした)やマイアミ・テープのホルヘ・ガルシアら、
裏方の話が面白い。終盤は'90年代以降ブラジルに飛び火したベース・ミュージック
について触れ、現地のDJナズ(DJ Nazz)が登場。リオ・デ・ジャネイロと
サン・パウロでは流行る曲の傾向が違う、というくだりが興味深いです。

最後はマイアミの地域性とベース・ミュージックの関連についての
質問を何人ものミュージシャンに問いかけて締めとなるのですが、
マイアミ産エレクトロ、そしてマイアミ・ベースに興味のある方は
必見の内容と言っていいでしょう。

P.S.バンバータやT・ラ・ロックもちょこっと登場します。



jimjonsin01.jpg
後半に何度も登場するジム・ジョンスン(Jim Jonsin)は'80年代終わりにジェラス・J名義でデビューしたDJ。'00年ごろから
トリック・ダディやピットブル等のプロデュースで名を上げ、現在はリル・ウェインやエイサップ・ロッキー、ビヨンセやアッシャー
までを手掛ける大物に…この画像はドラム・パッドをプレイしてみせているところ。




tlarock01.jpg
T・ラ・ロック。あまりの肥えぶりに「ナッティ・プロフェッサー2」の時のエディ・マーフィかと思いました(汗)。

Various Artists"Disco Not Disco 2"(Strut STRUTCD020)2002

disconotdisco2.jpg

"Disco Not Disco 2"は'02年にイギリスのストラット・レコーズから
リリースされたコンピレイション。選曲/監修はイギリスのプロデューサー/
DJのジョーイ・ネグロと、同じくイギリスのDJ/レコード・コレクターである
ショーン・Pです。

ジョーイ・ネグロ(本名デイヴ・リー)は'64年にイギリス南部のワイト島で生まれ、
その後東部のエセックス州で育ちます。'70年代からディスコやソウル~ファンクの
レコードの収集を始め、'86年にはロンドンに移ってスミザース・リーという
レコード店をオープン。お店は一年ほどで閉店してしまうのですが、営業中に
業界とのコネが出来たデイヴはインディ大手のラフ・トレード傘下にダンス・
ミュージック専門のレーベル、デ・ミックス(De-Mix)を設立。さらに'88年には
自身のレーベル、リパブリックを始め、ブレイズ等のアメリカのミュージシャンの
12インチをリリースしたり、自身のグループM-D-Emmでは音楽の制作にも関わる
ようになります。M-D-Emmが解散した'90年ごろからはジョーイ・ネグロ名義での
活動を開始、またこの頃からリミキサーとしての人気が高まり、ソウルIIソウルや
テイク・ザット等のメジャー・アーティストまでシングルのリミックスを手掛ける
ようになります。フィリー・ソウル~サルソウル直系のゴージャスで流麗なサウンドを
テクノロジーを使って今様のクラブ・ミュージックに応用した唄ものハウスに作り替える
手腕は見事で、'90年代のイギリスで大量のリミックス作品を残しました。

'90年代終わりにはZレコーズを設立し、新たな自分のグループ、サンバースト・バンド等の
作品を現在まで精力的にリリースしてきているのですが、'00年代に入るころから
コンピレイションの選曲も手掛けるようになり、Zレコーズでのディスコ、ブギー、
イタロ・ハウス等のコンピのほか、外部のレーベルでも「ディスコ・スペクトラム」、
「キングズ・オブ・ディスコ」等にも関わり、それらのひとつとしてこの「ディスコ・ノット~」も
企画されたようです。好評だったのか、このコンピはシリーズ化されて、
全部で3タイトルがリリースされています。

ショーン・P(本名ショーン・ペニークック)はロンドンを拠点に活動するDJ兼エンジニア。
ダンス・ミュージックのレコード・コレクターとしても知られ、ジョーイが関わる
コンピにも多く関わっています。ジョーイは文章を書くのは苦手なのか、各曲の
解説はショーンが書いていることが多いです。

コンピの副題に「レフトフィールド・ディスコ・クラシックス」とあるのですが、
レフトフィールド(Leftfield)は直訳すると「左翼」になる言葉。そこから転じて
「王道とは違う」「一風変わった」みたいなニュアンスで、このコンピの場合は
'80年代前半ごろのニュー・ウェイヴ寄りなディスコものを指しているようです。
もともと「レフトフィールド・ディスコ」というのは'00年ごろにDJハーヴィーあたりが
広めた言葉のようですが、彼がプレイするディスコ・ダブ的なレコードのオリジン
として、これら'80年代の曲のコンピが編まれたということでしょう。

このコンピは全11曲入り。当ブログでも紹介済みのレイド・バックアレクサンダー・
ロボトニッ
クのほか、スイスのイェロ、ジャーマン・ロックの大御所カン、
プロデュース作は何枚も紹介済みのマテリアル(但し今作収録の"Ciguri"は生演奏の
ヘヴィ・ファンク系)、現代音楽+ディスコ+ダブのアーサー・ラッセル、そして
クラッシュの曲など、比較的名の通った人も入っていますが、そのいっぽうで
ノエル・ウィリアムズ絡みのコニー・ケイス、エディ・グラントの変名プロジェクト
コーチハウス・リズム・セクション、ジャマイカの謎のグループ、バリー・
ウェイト& LTDなど、他ではまず見られない曲もセレクト。ヒップホップ寄りの曲は
無く、エレクトロな音の曲ばかりでもないのですが、ヒップな選曲センスに
唸らされます。

ショーンによる各曲の解説も良く書かれていて勉強になります。アーティスト写真すら
無いシングル・オンリーだけの人の経歴とか、どうやって調べたのだろうなぁと
感心することしきり。


コニー・ケイス"Get Down"




コーチハウス・リズム・セクション"Time Warp"






プロフィール
クロい音楽全般が好きなのですが、 ここではエレクトロとオールド・スクールの アナログ盤に絞って紹介していきます。

KDMX

Author:KDMX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。