スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nairobi and The Awesome Foursome "Funky Soul Makossa" (Streetwise SWRL 2205) 1982

nairobi.jpg
ナイロビはアーサー・ベイカーがこのシングルの時のみ名義を使用していた
プロジェクト。マヌ・ディバンゴのアフロ・ポップのカヴァー曲なので、
アフリカ風のネーミングにしたということだと思います。ストリートワイズは
フリーズ、スタイリスティックス、ロッカーズ・リヴェンジ等当時のベイカーの
プロデュース作を多数リリースしていたレーベルです。ゲスト参加のオウサム・
フォーサムはこの他にも2枚のシングルを発表しているラップ・グループ
(リアリティからリリースした"Monster Beat"はプレミア付のレア盤らしい)。
名前からして4人組だと思うのですが詳しい経歴は不明です...プロデュース&
アレンジのベイカーとジョン・ロビーに関してはこちらこちらを参照して
下さい。

「プラネット・ロック」のリズム・トラックをまるまる転用したと思しき
TR-808のビートとピュンピュン言ってるシンセをバックに、集団ラップが
派手に盛り上げます。そこに原曲と同じアレンジのエレクトリック・ベースと
ギターが加わり、アフリカっぽさを醸し出していきます。マヌのオリジナルも
ヴォーカルは唄とリズミックな喋りが半々でしたが、オウサム~の面々も
原曲通り唄う部分とラップが交互に飛び出して盛り上げていき、サビでは
オリジナルのホーンを模したシンセのリフが登場。後半はヴォコーダーの
ヴォーカルもラップと絡んできます。

簡単に言えば「プラネット~」のビートにオリジナルと同じアレンジの
シンセ類を乗せ、そこにラップとヴォーカルを被せた曲。ジェリービーンが
リミックスしていないせいかビートが軽い感じもするのですが、プリミティヴな
アフロ・ポップがアンドロイド化してしまったような、組合せの妙に
驚く曲と言えばいいでしょうか。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
クロい音楽全般が好きなのですが、 ここではエレクトロとオールド・スクールの アナログ盤に絞って紹介していきます。

KDMX

Author:KDMX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。