スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Newcleus "Jam On It" (Sunnyview SUN 411) 1984

newcleus.jpg
ニュークリアスはNY出身のベン"コズモ・D"シナックを中心としたグループ。彼のいとこの
モニーク、モニークと結婚したボブ"チリー・B"クラフトン、グループ加入後コズモDと
結婚したイヴェットがメインのメンバーです。

'76年頃からカレッジ・バンドとして活動を開始し、当初はソウル/ファンク的な「唄もの」
グループだったようですが、'79年頃にストリートで演奏中に見たBボーイたちのパーティに
衝撃を受け、それからはメンバーにDJも加えてヒップホップ的な音楽性に徐々に変化していった
とのこと。

'83年にどマイナーなMay Hewレーベルから発表したシングル"Jam-On's Revenge"が、サニービュー・
レーベルに買い取られて再リリースしたところ大ヒット、それに続いて発表されたのがセカンド・
シングルのこの曲になります。

シンプルなフレーズを繰り返すシンセ・ベースとTR-808のビート、エレクトロのグループの中でも
特にSFぽさを感じさせるスペイシーなストリングス・シンセが印象的。デビュー曲では子供ロボ声の
ラップが「エレクトロ版チップマンクス」というイメージを与えていましたが、今作でもその声が
男声ラップと絡んで、どこかかわいらしい曲になっています。

彼らは当初は「ポジティヴ・メッセンジャー」というグループ名で活動していたそうで、メンバー全員が
敬虔なクリスチャン、歌詞にはダーティな言葉は使わない(デビュー曲に「リベンジ」という言葉が
入ることにすら躊躇したそう)など、健全明朗なスタンスがそんなかわいらしさを生んでいる
のかもしれません。

また、コズモはキーボード、ボブはベース(以上二人がラップも担当)、二人の女性は(ラップでなく)ヴォーカル、
ライブではこれにギターやDJ要員のメンバーも加わって演奏するなど、彼らは珍しい「ヒップホップ・バンド」
でもありました。もともとはスクール・バンドを母体としているので自然な流れだったのかも
しれませんが。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
クロい音楽全般が好きなのですが、 ここではエレクトロとオールド・スクールの アナログ盤に絞って紹介していきます。

KDMX

Author:KDMX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。