スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

L.A.Dream Team "Rockberry Jam/Funky Fresh" (Dream Team DTR 630) 1985

ladreamteam.jpg
L.A.ドリーム・ティームは名前どおりロサンゼルスで結成されたMC二人組。
メンバーはルディ・パーディー(Rudy Pardee)とスネイク・パピーこと
クリス・ウィルソンの二人です。ルディは'57年オハイオ州のクリーヴランドの
生まれですが、音楽界での成功を夢見てLAへとやって来ます。そこでLA育ちの
クリスと出会い、エレクトロとラップを合体させた音楽を演るデュオを
結成します。

彼らはそれと同時に自身のレーベル、ドリーム・ティーム・レコーズも
設立。レッキン・クルーの項でも登場したマコラ・レーベルに配給を
任せて、シングルをリリースしていきます。"Rockberry~"は、'85年に
リリースされた、彼らの2枚めのシングルです。プロデューサーとして
クレジットされているトレイシー・ケンドリックとコートニー・ブランチは、
どちらもLAのミュージック・トラック・スタジオを拠点に活動している人。

曲は、葬送行進曲をパロッたようなシンセのフレーズからスタートし、
準メンバーの女性シンガー、リサ"ミス・ロックベリー"ラヴが
"Ooh Rockberryx3,Jaam,Jaam,Jamx3"とセクシーに語った後、TR-808と
秒針のカウントのようなシンセ、ゆる目のシンセ・ベースが鳴る中、
スペイシーなストリングス・シンセがソロを取って進んでいきます。
二人の男性が掛け合いでラップしたかと思うと、サビでは再びシンセの
ソロが入る等、ラップ入りなんですがインストの比重高し。後半は
リサがアンクル・ジャムズ・アーミー、エジプシャン・ラヴァー、
ボビー・ジミー等のLAの人気ラッパーたちの名を順に挙げていき、
それに各々男性が"Hey,Rocks The House~"とシャウトして返す、
というLA礼賛スタイルで終了。

エレクトロとしては凡庸なアレンジ/音色で、パッとしない曲なのですが、
リサの語りがいつまでも耳に残り、それがタイトルになっているのも
わかる感じです。この曲のライヴの模様がYouTubeで見れるのですが、
そちらでもリサ(けっこう美人でした)のほうが目立っていました(笑)。
"Funky Fresh"を聴くと、彼らはラッパーとしてもなかなかの技量を
持っていることもわかるのですが...





ライヴ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
クロい音楽全般が好きなのですが、 ここではエレクトロとオールド・スクールの アナログ盤に絞って紹介していきます。

KDMX

Author:KDMX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。