スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Various Artists"Disco Not Disco 2"(Strut STRUTCD020)2002

disconotdisco2.jpg

"Disco Not Disco 2"は'02年にイギリスのストラット・レコーズから
リリースされたコンピレイション。選曲/監修はイギリスのプロデューサー/
DJのジョーイ・ネグロと、同じくイギリスのDJ/レコード・コレクターである
ショーン・Pです。

ジョーイ・ネグロ(本名デイヴ・リー)は'64年にイギリス南部のワイト島で生まれ、
その後東部のエセックス州で育ちます。'70年代からディスコやソウル~ファンクの
レコードの収集を始め、'86年にはロンドンに移ってスミザース・リーという
レコード店をオープン。お店は一年ほどで閉店してしまうのですが、営業中に
業界とのコネが出来たデイヴはインディ大手のラフ・トレード傘下にダンス・
ミュージック専門のレーベル、デ・ミックス(De-Mix)を設立。さらに'88年には
自身のレーベル、リパブリックを始め、ブレイズ等のアメリカのミュージシャンの
12インチをリリースしたり、自身のグループM-D-Emmでは音楽の制作にも関わる
ようになります。M-D-Emmが解散した'90年ごろからはジョーイ・ネグロ名義での
活動を開始、またこの頃からリミキサーとしての人気が高まり、ソウルIIソウルや
テイク・ザット等のメジャー・アーティストまでシングルのリミックスを手掛ける
ようになります。フィリー・ソウル~サルソウル直系のゴージャスで流麗なサウンドを
テクノロジーを使って今様のクラブ・ミュージックに応用した唄ものハウスに作り替える
手腕は見事で、'90年代のイギリスで大量のリミックス作品を残しました。

'90年代終わりにはZレコーズを設立し、新たな自分のグループ、サンバースト・バンド等の
作品を現在まで精力的にリリースしてきているのですが、'00年代に入るころから
コンピレイションの選曲も手掛けるようになり、Zレコーズでのディスコ、ブギー、
イタロ・ハウス等のコンピのほか、外部のレーベルでも「ディスコ・スペクトラム」、
「キングズ・オブ・ディスコ」等にも関わり、それらのひとつとしてこの「ディスコ・ノット~」も
企画されたようです。好評だったのか、このコンピはシリーズ化されて、
全部で3タイトルがリリースされています。

ショーン・P(本名ショーン・ペニークック)はロンドンを拠点に活動するDJ兼エンジニア。
ダンス・ミュージックのレコード・コレクターとしても知られ、ジョーイが関わる
コンピにも多く関わっています。ジョーイは文章を書くのは苦手なのか、各曲の
解説はショーンが書いていることが多いです。

コンピの副題に「レフトフィールド・ディスコ・クラシックス」とあるのですが、
レフトフィールド(Leftfield)は直訳すると「左翼」になる言葉。そこから転じて
「王道とは違う」「一風変わった」みたいなニュアンスで、このコンピの場合は
'80年代前半ごろのニュー・ウェイヴ寄りなディスコものを指しているようです。
もともと「レフトフィールド・ディスコ」というのは'00年ごろにDJハーヴィーあたりが
広めた言葉のようですが、彼がプレイするディスコ・ダブ的なレコードのオリジン
として、これら'80年代の曲のコンピが編まれたということでしょう。

このコンピは全11曲入り。当ブログでも紹介済みのレイド・バックアレクサンダー・
ロボトニッ
クのほか、スイスのイェロ、ジャーマン・ロックの大御所カン、
プロデュース作は何枚も紹介済みのマテリアル(但し今作収録の"Ciguri"は生演奏の
ヘヴィ・ファンク系)、現代音楽+ディスコ+ダブのアーサー・ラッセル、そして
クラッシュの曲など、比較的名の通った人も入っていますが、そのいっぽうで
ノエル・ウィリアムズ絡みのコニー・ケイス、エディ・グラントの変名プロジェクト
コーチハウス・リズム・セクション、ジャマイカの謎のグループ、バリー・
ウェイト& LTDなど、他ではまず見られない曲もセレクト。ヒップホップ寄りの曲は
無く、エレクトロな音の曲ばかりでもないのですが、ヒップな選曲センスに
唸らされます。

ショーンによる各曲の解説も良く書かれていて勉強になります。アーティスト写真すら
無いシングル・オンリーだけの人の経歴とか、どうやって調べたのだろうなぁと
感心することしきり。


コニー・ケイス"Get Down"




コーチハウス・リズム・セクション"Time Warp"






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
クロい音楽全般が好きなのですが、 ここではエレクトロとオールド・スクールの アナログ盤に絞って紹介していきます。

KDMX

Author:KDMX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。