スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Various Artists"West Coast Rap:The First Dynasty,Vol.1"(Rhino R2 70590)1992

westcoastrap.jpg

"West Coast Rap~"は'92年にライノからリリースされたコンピレイション。
選曲を担当したのは後述するラッパーズ・ラップ・グループの白人DJ、
DJ・フラッシュです。

タイトルからもわかるように、このコンピは黎明期の西海岸のヒップホップの
曲を集めたもの。初の西海岸産ラップと言われるディスコ・ダディ&キャプテン・
ラップ
の"Gigolo Rapp('81年)を振り出しに、'80年代前半にリリースされた
レアなレコードを網羅しています。ライナーを担当するのは「SOURCE」誌の
ライター、ビリー・ジャムで、当時のLAを中心とした現地の事情を詳しく
記しています。

LAで40年近く音楽ビジネスに関わってきたダフィ・フックスとその父親の
ジェリーは、NY産のシュガーヒル・ギャングの成功を目にして自身もラップの
レコードをリリースすることを画策し、ラッパーズ・ラップ・ディスコ・
レコード・カンパニーを設立。第一弾として彼らがナイトクラブでスカウトした
ディスコ・ダディ達のシングルをリリースします。

リック・ジェイムズの"Give It To Me Baby"を引用したその12インチは
地元のラジオ局KGFJでいくらかオン・エアされる程度の小ヒットに留まる
のですが、口コミで徐々に噂は広まり、ラジオではプレイされないものの
レコード店では少しずつ人気が高まっていったとのこと。同曲を耳にしていた
DJフラッシュはフックス親子の援助も受けて、6人組のラッパーズ・ラップ・
グループをハリウッドで結成します。6人という編成はグランドマスター・
フラッシュ&ザ・フューリアス・ファイヴのそれを意識してのものだったそうです。


DJ_Flash__-The_Rappers_Rapp_Group-.jpg
ラッパーズ・ラップ・グループ。一番左がDJフラッシュ。

彼らはラッパーズ~名義で'82年にシングル"Rappin Partee Groove"を発表。
その後グループ名をダーク・スターと改めて2枚のシングルをリリースするものの、
ヒットには結びつかず、'84年ごろに解散。メンバーは各々ソロでの活動に移ります。
MC・フォスティ&ラヴィン・Cの"Radio Activity Rapp(ローヤルキュッシュ
カヴァー)"やフラッシュ&キング・MCの"Erotic City Rapp"等はラジオ/クラブでも
好感触でヒットを記録。"Erotic~"はプリンスの曲をベースにしているし、既発の
ヒット曲のカヴァー・ラップはクラブ等でもウケが良かったとのこと。

そんなまがい物商法的な状態を打ち破ったのがアンクル・ジャムズ・アーミー
面々とその一員のエジプシャン・ラヴァー。「プラネット・ロック」の影響を
強く受けながらも、初めてオリジナルの楽曲"Dial-A-Freak"や"Egypt,Egypt"で
ヒットを飛ばし、西海岸にもヒップホップ・カルチャーを根付かせていきます。

その後しばらくもフックス親子と(彼らとも近しい)クレタス・アンダーソンの
サターン・レーベル周辺からのリリースがつづき、アイス-Tや(ソロで)キャプテン・ラップ
等が彼らのレーベルからデビュー。彼らのまいた種が徐々に広がっていき、
'84年ごろにはワールド・クラス・レッキン・クルーLA・ドリーム・ティーム
ボビー・ジミー&ザ・クリッターズ2・ライヴ・クルーらが登場します。

彼らの人気はまだまだLA周辺のローカルなものに留まっていたのですが、'86年には
バークレー出身のタイメックス・ソーシャル・クラブの"Rumors"がブラック・
チャートで1位、ポップ・チャートでも8位まで上昇する大ヒットとなり、西海岸産
のヒップホップが全国区でも受け入れられる土壌は整ったのでした...

このコンピは全部で3タイトル(プラス彼らのその後を追った"The Renegades"1枚)
出ていて、Vol.1が上記のアーティストの曲を収めた入門的な内容、2と3が
その後の作品を中心にした応用編のような選曲になっています。最初期のものは
NY産と同様にヒット曲のトラックを生演奏で再現した「ディスコ・ラップ」的な
ものですが、エジプシャン~以降はエレクトロ化が加速、'80年代半ばごろまでは
殆どの曲がエレクトロだった同地の状況をよく表しています。Vol.2~3にも
ダーク・スターやトリプル・スレット・スリーキッド・フロストナイツ・
オブ・ザ・ターンテーブルス
DJマトリックス等ほかのコンピでは殆ど収録されて
いない曲も多く、西海岸産エレクトロに興味ある人は必携といっていいでしょう。
後日譚の"The Renegades"だけは'90年代半ば当時の「今の」音になっていて、
いま聴くとかなり恥ずかしいですが...こういうのもあと10年ぐらい寝かしておけば
良く聴こえるようになるのかな。



ディスコ・ダディ&キャプテン・ラップ"Gigolo Rapp"




ラッパーズ・ラップ・グループ"Rappin Partee Groove"




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
クロい音楽全般が好きなのですが、 ここではエレクトロとオールド・スクールの アナログ盤に絞って紹介していきます。

KDMX

Author:KDMX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。