スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Various Artists"Beat Classic"(D.C.Recordings LC 7871)1997

beatclassic.jpg
ジャケ写真ん中の少年にだけスライスされたような編集が施されています。ブレイクダンスの動きを表現したのか?


"Beat Classic"はイギリスのD.C.レコーディングスから'97年にリリース
されたコンピレイション。

D.C.~はブレイクビート/テクノ系のアーティスト、デプス・チャージこと
J.サウル・ケインが主催するレーベルで、基本的にはデプス~やエンペラー・
マシーン(チキン・リップスのメンバーの別プロジェクト)等のクラブ系
アーティストの新録を主にリリースしているのですが、時おりケインの
趣味なのか旧譜の再発/コンピを出しています。例えばアラン・ゴラゲール
('60~'70年代に活躍したフレンチ・ポップス系のアレンジャー)が'73年に
手掛けたサントラとか...

ちょうどこの頃は、他のクラブ系のレーベルでも似たような再発を出すことが
多くあったので、ケインも自分が影響を受けた/ネタとして使ったような過去の
音源を自らのレーベルで出してみた、ということなんでしょう。

アルバムは11曲入りで、'83~'85年ごろの音源が中心。ウルトラマグネティック・
M.C.ズの"Funky"以外はいずれもオリジナル・アルバムには収録されなかった曲です。
エレクトロの曲だけで固められているわけではなく、マーリー・マールの初期の
サンプリング・ワークが聴けるM.C.クレイグ・Gの"Shout"やステディ・Bの
"Just Call Us Def"、スパイダー・Dがプロデュースしたオールド・スクール色濃い
B・プラスの"B-Beat"等も収められています。

エレクトロ好きが注目するのはカッティング・レーベル関連の2曲-ファンタジー・
スリーの"It's Your Rock"
ハイ・フィデリティ・スリーの"Never Satisfied"、
ロックマスター・スコットのデビュー曲"It's Life"、デューク・ブーティ独特の
音作りが冴えるZ-3M.C.'ズの"Triple Threat"あたり。ただ、不思議なのは
収録曲の半数はヴォーカル抜きのインスト・ヴァージョンで収められている点で、
この辺にはテクノ系アーティスト独特の嗜好を感じます。裏ジャケには
インスト・ヴァージョンとの記載が無く、不親切。ファンタジー・スリーの
曲はめったにコンピにも入っていないのに...

そんな不満はあるのですが、わずかな枚数の12インチしか出回らなかった
エレクトロの曲を今でも手軽に聴けるようにしてくれたのは嬉しい。ライナー・
ノーツを書いているのはデイヴィッド・トゥープです。



M.C.クレイグ・G"Shout"



ハイ・フィデリティ・スリー"Never Satisfied"






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
クロい音楽全般が好きなのですが、 ここではエレクトロとオールド・スクールの アナログ盤に絞って紹介していきます。

KDMX

Author:KDMX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。