スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kool D. Ultimate MC's"Free Style"(T.A.Sound TA 100)1985

kooldultimate.jpg

クール・D.・アルティメイト・MCズは'85年にこのシングル一枚のみを
残して消えてしまった謎のグループ。メンバーの経歴や、各々の名前すらも
わかりません。

プロデュース/アレンジを担当したピーター・A.・アレンとブライアン・Q、
エグゼクティヴ・プロデューサーとクレジットされているトッド・ワード&
オコ・オコジェリ(アフリカ系か?)に関してもこの一枚以外のレコーディングは
見当たらず...レーベル面の最下段に「NYでラップを作ってくれて感謝」と謝辞が
述べられているバリー・メイヨとトニー・Qは、NYのラジオ局KISS-FMのDJと
ディレクターですが、彼らが制作に直接関わったようには見えないし...

Discogs内のこのレコードの詳細にencarnitaなる人物の投稿があり、それによると
彼らはこの翌年に"That's What I Hate"というシングルを発表している
マスターピースなるグループと同一とのこと。ただ、マスターピース側のデータを
見てもスタッフで重なる名前の人は居ないし、NY録音と思われるクール・D~に対して
マスターピースはマサチューセッツのレーベルからのリリースなので、真偽のほどは
不明です。"That's What~"は私も入手出来ていないので、この辺は今後の課題という
ことで...

グシャグシャとコスるスクラッチ音からスタートし、グループ名の"Ultimate!"が
スクラッチで連呼された後、TR-808がミディアム・テンポのビートを刻みだし、
マリンバ風のシンセが短くリフを入れます。つづいてブヨブヨのシンセ・ベースが
加わると同時に男性がラップを始め、ドスの効いたトーンで自らのMCスキルを語ります。
サビで短く冒頭のマリンバ風シンセと"Free Style!"という掛け声が入った後は
MCが交代しますが、ドラムとシンセ・ベースのみをバックにえんえん喋り倒す形は
変わらず。中盤に短くスクラッチがソロを取った後は再びMCのソロに戻り、3人いる
MCが順にマイク・リレーしていき、終盤はドラム/シンセ類が抜けてスクラッチのみを
バックに喋りながら終わります。

ラップの中でメンバーが「ジャジー・ジャズ」とか「クール・D」等と名乗っていたり、
「ニュー・ジャージーで~」と言ったりする部分があるので、この辺を調べれば
もう少し彼らのことが詳しくわかるかもしれません。ループ状のフレーズを繰り返す
シンプルなトラックのみをバックに、なかなかのテクニシャンが揃ったMCがライムを
聴かせる音は、初期のLL・クール・Jを思わせる感覚でカッコ良い。エレクトロと
ハードコアなヒップホップの中間のような印象で、個人的にもお気に入りの一枚です。



このレコードは、オフィシャル・リリース前のテスト・プレス盤も出回っているのですが、
その盤には何故かレーベルにパンク/サイコビリー系バンド、クランプスの
"Gravest Hits"('79年)のものが貼られています。謎は深まる...

koold_1stpress.jpg








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
クロい音楽全般が好きなのですが、 ここではエレクトロとオールド・スクールの アナログ盤に絞って紹介していきます。

KDMX

Author:KDMX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。