スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Invinceables"Kong In The City Of Doom"(Success 31026)1984

konginthe.jpg

"Kong In The City Of Doom"は'84年にリリースされた、
ジ・インヴィンシーブルス(≒マイケル・スターリング)の最初の
シングル。マイケルの経歴に関しては、以前"Bet It Up"
紹介した際に書きましたので、そちらをご参照ください。

作/プロデュース/アレンジ/演奏/ミックスは全てマイケル自身に
よるもの。エンジニアの一人にこの後リミキサーとして名を上げる
キース・コーエンが参加していますが、彼もスタートはマイケルの
アシスタント的なポジションだったのでした。マスタリングの
マイク・フラーはクライテリア・スタジオを中心に多数の作品を
手掛けている人。マイケルを中心としたマイアミ人脈で固められた
レコーディングであることがわかります。

今作は、本来唄ものソウル系のアーティストであるマイケルが
初めてエレクトロ/ヒップホップ的な音作りに挑んだ作品のためか、
習作的な色合いが強く、お手本にしたと思しき過去のレコードからの
引用やアレンジの模倣がはっきりと聴き取れるところが面白いです。

ヴォコーダーが"City Of Doom~"と唄い、ティンパニがドンガンと
派手に打ち鳴らされた後、DMXのビートがスタート。男性が軽薄な
トーンで煽り、ガヤがそれに応えるように叫びます。エレクトロ感を
強調するビコビコのシンセ・ベースが鳴り始め、モリコーネの
「夕陽のガンマン」の口笛やソル・ブルームの"The Streets Of Cairo"を
引用した中近東風メロディをシンセが奏でます。つづいて力強い
男声コーラスが"Rock'N'Roll Is Our Law,See Ya Soon in The City
Of Doom! Rock! Roll!"と宣言するように唄い、その後「プラネット・
ロック」
風のMCポッピンでラップが始まります。合間にヴォコーダーや
電話のSEを交えながらラップがつづきますが、終盤にラップが抜けて
突然転調し、ヴォコーダーとシンセがホラー映画風にソロを取りながら
フェイド・アウトします。

妙に軽いシンセのフレーズにはガーション=キングスレイの"Popcorn"の
ような'60年代のムーグ・インストの名残も感じます。それと対照的に
オトコ臭いコーラスにはロックマスター・スコットの"The Roof Is On
Fire"を連想したのですが、これは曲のテーマからして狙ったマッチョさ
なのかもしれません。ループ感が薄く、メロディが聞き取れる展開、
ラップは入っているけどヒップホップ度は低い-といったところから
個人的にはそれほど好きではないのですが、エレクトロ狂の間では
やたらと人気が高い...マイアミ産にしては音が完成されていることが
意外に思われているのかもしれません。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
クロい音楽全般が好きなのですが、 ここではエレクトロとオールド・スクールの アナログ盤に絞って紹介していきます。

KDMX

Author:KDMX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。