スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Davy DMX"The DMX Will Rock"(Tuff City TUF 120003)1986

davydmxwillrock.jpg

"The DMX Will Rock"は'85年にリリースされた、デイヴィDMXのソロ名義では
2枚めになるシングル。彼の経歴については以前"One For The Treble"
取り上げた際に詳しく書いたのでそちらを参照してほしいのですが、
オレンジ・クラッシュのメンバーとして活動した後のことを今回は
少々詳しく書いてみます。

オレンジ~の面々が徐々に単独での活動にシフトしていった頃、デイヴィは
カーティス・ブロウとの繋がりを強めていきます。ブロウがプロデュースした
ファット・ボーイズの最初の2枚のアルバムや、フィアレス・フォーの
"F-4000"
等でトラックの演奏部分を担当。当時のブロウの関連作で聴ける
特徴的な重低音ドラムはデイヴィが担っていたことがわかります。
その後ブロウのDJだったクール・DJ・A.J.が辞めたのをうけて、デイヴィは
ブロウの専属DJ兼ギタリストに収まり、彼のアルバム"America"では
大半の曲のドラム・プログラムを担当。そちらでの仕事を主軸に置きつつ、
自宅では4トラックのレコーダーに自作のデモを録音して、ソロ・デビューの
チャンスをうかがっていました。

ソロではアーロン・フュークスのタフ・シティ・レコードと契約し、同レーベル
ではまずスプーニー・ジーの"The Big Beat"を制作。つづいて自己名義の
"One For~"を'84年に発表します。翌年は"America"の制作で忙しい中、
ギター/ドラム・マシン/シンセ/スクラッチ等の演奏部分を全てひとりで
作り上げたのが今作です。

単音のシンセ・ベースがボボボ・ボン・ボ・ボンとリズミックなリフを弾き、
その音とユニゾンでヴォコーダーが"The DMX Will Rock,Into The Beat
Get Up"と間断なく繰り返します。同時にDMXがミディアム・テンポのビートを
刻み、ハード・ロック風のギターやスクラッチがアクセントを入れます。
1分ほどその流れが続いた後、2種類のホーン・シンセがメインのメロディを
弾き始めるのですが、そちらもミニマル風なフレーズを繰り返し、ヴォコーダーと
交代で現れて盛り上げていきます。終盤にドラム・ブレイクが入り、そこに
ヴォコーダーとスクラッチが加わって、掛け合うようにフレーズを繰り出しながら
フェイド・アウトします。

2曲めには同曲のラップ・ヴァージョンが入っているのですが、ドラム以外は
ほぼ別の曲と言ってもいいぐらいシンセ/ベースのフレーズが変わっています。
ラッパーは女性のスウィート・Tとアイヨニ・J(Iyoni J.)。二人がラン=DMC風に
掛け合いを繰り返し、サビではポップなメロディを唄っていて、ヒップホップ・ソウルの
はしりとでもいえそうな音に仕上がっています。オリジナル・ヴァージョンは
ヴォコーダーの無機質な感覚が強調されたエレクトロ・オタク(笑)向け、
ラップ・ヴァージョンは女子ウケも良い一般向けといったところでしょうか。
前者のほうは"One For~"と基本的な音作りは殆ど同じで、ちょっと色を付ける
というか、違いを出したくてこういう作りになったのかもしれません。

この後のデイヴィは、ブロウの活動停滞に伴ってソロでの仕事が増え、名前も
デイヴィ・Dと改めてデフ・ジャムと契約。ソロ・アルバム"Davy's Ride"を
発表したり、ラン=DMCや(元の仲間ソロ・サウンズが改名した)アフロスの
プロデュースを行ったりしています。

今回の原稿は"The Foundation"のインタビューも参考にしたのですが、控え目な
方らしく、質問には必要最小限の答えをボソッと返す感じであまり面白くない...
いかにも裏方、音ひと筋のトラック・メイカーという印象でした。






ラップ・ヴァージョン





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
クロい音楽全般が好きなのですが、 ここではエレクトロとオールド・スクールの アナログ盤に絞って紹介していきます。

KDMX

Author:KDMX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。