スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Afrika Bambaataa And Family"Bambaataa's Theme/Tension"(Tommy Boy TB 879)1986

bambaataastheme.jpg

"Bambaataa's Theme"は'86年にリリースされた、アフリカ・バンバータの
トミー・ボーイでは通算8枚目になるシングル。前作"Funk You!"から
名義は「アフリカ・バンバータ&ファミリー」というクレジットに
なっています。

バムのそれまでのエレクトロ・サウンドを形作ってきたアーサー・ベイカーとの
タッグは'84年の「フランティック・シチュエイション」をもって解消していた
のですが、同年のシングル「ユニティ」でバムとジェイムズ・ブラウンが
共演したり、「サン・シティ」のプロジェクトへの参加等で一般的な認知度は
上がっていました。いっぽうでラン=DMCがポップ・チャートでも大ヒットを
とばし、L.L.クール・Jビースティ・ボーイズ等のデフ・ジャム勢がつぎつぎと
デビューして話題になっていた時期。ファッツ・コメットと共演した"Funk You!"は
セールス的には惨敗で、もういちどオリジネイターとしての凄みや存在意義を
アピールしたい、それには「プラネット・ロック」のようなエレクトロ・
サウンドで勝負するか...というような流れがあったと推測します。

今作でプロデュースにあたっているのは「フランティック~」でアシスタント的な
ポジションだったレイ・セラーノとリロイ・エヴァンス。レイについては
以前"B Boys Style"を紹介した際に詳しく書いたので省略します。リロイは
'56年NY生まれのキーボード奏者。'70年代からジミー・キャスター・バンチや
ブラス・コンストラクション等とセッションしてきたというベテランで、
R&B~ヒップホップ~フリースタイル~ラテンまで、幅広くレコーディングに
関わっています。また、エディット担当としてゲイル・キング(女性だとは
知らなかった...)、と"リトル"・ルイ・ヴェガが参加。この頃からエディットも
音楽を「作る」作業として認識されてくることを実感します。

今作は、前回紹介したジョン・カーペンターの"Assault On Precinct 13"
ベースにした曲。ほぼカヴァーといってもいいオリジナルに忠実なアレンジで、
作曲者のクレジットもカーペンターだけになっています。

派手なハンド・クラップ音が鳴り響き、ハイハットのチチチ・・・という音が
グルグル廻る中、ヴォコーダー・ヴォイスが曲名を唄い、ハンマー・ビートが
ドシバシと刻まれます。哀感を帯びたストリングスが薄く入り、その後ディレイの
かかったシンセとオルガンが原曲と同じリフレインを交互に弾いていきます。
4小節の終わりに"Bambaataa's Theme!"というヴォコーダーと"Rock!"という掛け声が
入る以外はインストで、要所でオーケストラ・ヒットがアクセントをつけつつ、
メインをとるシンセとオルガンがリフを繰り返したり、風のようなシンセ音が
グルグルと廻ったりしながらコーダになります。

起死回生を狙った曲の割には、ラップも入らず、それほどファンキーとも言えない
地味な内容です。バム本人はこの音に猛烈なファンク魂を感じたのかもしれませんが、
素人(私も含め)にはネタがマニアックすぎたと言うか...レーベル側もこれだけでは
マズいと思ったのか、このシングルは両A面扱いになっているのですが、その裏面の
曲"Tension"はR&B畑のエリック・カルヴィとポール・ペスコがプロデュースした
完全な唄もの路線の曲。重低音ビートは派手に響いているものの、これはこれで心配に
なってしまうおとなしい内容で、けっきょくこのシングルも不発に終わるのでした。

この曲を収録したアルバム"Beware (The Funk Is Everywhere)"まではアメリカ中心の
リリースだったのですが、以降のバムの作品はDFCやZYX等のヨーロッパのダンス系の
レーベルから発表されることになります。当時は「バムの時代は終わったな...」と
思ったものでした。



"Bambaataa's Theme"



"Tension"




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして!

ブログ拝見させていただきましたが、凄いレコードお持ちで羨ましいです!

私もヒップホップは、1983年頃から聴いており、マイアミ、王道NY系、ギャングスタ系、サウス系分け隔てなく聴いております。
最近は、新譜を購入するのもしなくなり、もっぱら昔に買ったレコードをシコシコとデータ化している毎日です。

BAMBAATAAのこのアルバムは、高校生の頃、国内盤で購入した思い入れの深いアルバムですね。歌詞カードを見ながら「Funk You」をラップしていた覚えがあります。

これからも覗かせてもらいますので、よろしくお願いします。

ありがとうございます

yoshiさん、はじめまして。

私もヒップホップを聴き始めたのは同じころですね。当時はNY産が圧倒的に
主流だったのが、'90年代に入るころから西モノを、その後サウスも…みたいな
感じで広がっていきました。今でも定期的にレコ屋に行って試聴していますが、
新譜で買うのは年に数枚ぐらいですね。

エレクトロに関しては、バンバータやマントロニクスのように日本でも人気の
あった人はリアル・タイムで聴いているのですが、ブログで紹介している
マイナーな盤は殆どここ数年のあいだに知って、eBay等で入手したもの
ばかりです。

バムのこの盤は当時ソニーから国内発売されていましたね。"Funk You!"は
バックの演奏を担当しているファッツ・コメットのほうが気になっていたような
記憶があります。

最近は更新が滞りがちになっておりますが、これからもよろしくお願いいたします。
プロフィール
クロい音楽全般が好きなのですが、 ここではエレクトロとオールド・スクールの アナログ盤に絞って紹介していきます。

KDMX

Author:KDMX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。