スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

John Carpenter"The End"(ZYX 5025)1983

johncarpenter01.jpg

ジョン・カーペンターは'48年ニュー・ヨーク生まれの映画監督。'70年代半ばに
カルト作「ダーク・スター」で長編監督デビューし、'78年の「ハロウィン」が
大ヒットして名声を確立、以降も「遊星からの物体X」、「ゼイリブ」、
「ゴースト・オブ・マーズ」等SF/ホラー系を中心に数多くの作品を発表し、
日本でも根強い人気を保っています。個人的にも、「遊星からの~」は好きな
映画ベスト10に入るぐらいのお気に入りの一本です。

彼は初期の作品では劇中で使用する音楽も自ら作曲/演奏することも多く、今作も
彼が映画用に作った曲をリメイクしたもの。なんでもプレスリーとビーチ・
ボーイズの大ファンでもあるそうで(アメリカの白人男性ど真ん中って好みですね...)、
音楽好きが高じてCoupe De Villesなるバンドでレコーディングも行っているようです。
ギター/ベース、キーボード/シンセを操り、プロデュースまで自ら行っているぐらい
なのでかなり本気ですね。

"The End"は'76年の監督2作め「要塞警察(Assault On Precinct 13)」の中の曲を
使用したもの。映画のほうはむかしTVで深夜に放映したのを見たことがありますが、
いかにも低予算という作りではありながら、緊迫感あふれる銃撃戦が闇の中で
繰り広げられるアクションで、なかなか面白い内容でした。

このシングルは、映画の公開から7年経った'83年に、何故かドイツのZYXレーベル
から唐突にリリースされたもの。日本では殆ど知られていないようですが、この曲は
エレクトロ・クラシックとして人気があり、たびたび話題になっていたようです。
オリジナル公開当時はサントラも発売されていなかったのに、映画自体がすっかり
忘れ去られた時期になって出るというのもすごいですね。前年に公開された
「ブレードランナー」のヴァンゲリスによるサントラの影響もあるのかもしれません。
じっくり聴き比べないとわからないのですが、音源は全く新たに録音したもので、
ドイツ人のラルフ・ヘニングスなる人物がプロデュース/演奏を担当しています。

スタートと同時にゲイト・リヴァーヴのかかったDMXがミディアム・テンポの
ビートを刻み、短くノイズ風のアクセントが入った後、原曲と同じ(カーペンターが
ツェッペリンの「移民の歌」のギター・リフから引用したという)シンセのリフレインが
鳴り響きます。つづいてシンセ・ベースがそれに呼応したフレーズを繰り返し、
更にその上を高音のシンセが同じフレーズを弾いていきます。何度かその流れが
繰り返された後、ドラム・ブレイク~ストリングス・シンセがソロを取るブリッジが
入り、その後は再び冒頭のリフが戻ってきて、わずかにアドリブぽく変調していきながら
インストのままフェイド・アウトします。

原曲ではペナペナのリズム・ボックスがビートを刻んでいたのですが、今作では
DMXのビートがドスドスと派手に響いていて、そこが「ディスコ・ヴァージョン」と
銘打つところなのでしょう。ヴォーカルも入らず、ダークなリフがひたすら続く
ミニマルな展開は単調にも思えますが、エレクトロ好きにはそこがツボなようで、
バンバータがシングルで引用(次回紹介します)したり、カール・クレイグや
ホアン・アトキンス等がたびたびプレイしたりしているそうです。






サントラのオリジナル・ヴァージョン




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
クロい音楽全般が好きなのですが、 ここではエレクトロとオールド・スクールの アナログ盤に絞って紹介していきます。

KDMX

Author:KDMX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。