スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M.C.Crash"Life On The Street"(Beauty And The Beat BAB 109)1987

mccrash.jpg

M.C.クラッシュは'87年のこのシングル一枚のみで消えてしまったラッパー。
本名はT.サイザーと言うようですが、詳しい経歴は不明です。YouTubeの
この曲のビデオのところに、クラッシュの地元の後輩だったという
Seelife Allahuなる人物のコメントがあるのですが、それによると
出身はニュー・ジャージーのリンデン地区(ビューティ・アンド・ザ・
ビート・レーベルのオフィス近く)、リリース当時は十代後半~二十代アタマ
ぐらいだったはず、とのこと。

プロデュースはこのレーベルのオーナーでもあるデューク・ブーティ。
彼の経歴はこちらを参照してほしいのですが、'87年というとレーベルでも
最後期のリリースで、セールス面では今ひとつだったようです。NY周辺では
既にビースティ・ボーイズやパブリック・エナミー辺りがデビューしていて、
未だにエレクトロ的な音を引きずっているブーティの音作りはやや分が悪かった
のかもしれません。それで、近所で評判だった若造ラッパーに焦って声を
掛けてしまった...みたいな感じかなあ。

急停車する車のSEから入り、すぐに「ズドーン」というハンマー・ビートが
炸裂、連打されるビートをバックにガヤが流れ、その中からクラッシュの
ラップが浮かび上がってきます。オーケストラ・ヒットや重いベース、
スクラッチ等も随所に絡みながら曲はすすみ、サビではこちらもブーティ作品
ではおなじみのドリルのように高速ロールするドラムが入ります。詞の内容は
ストリートでのタフな生活を語っているのですが、激しいバックの音に埋もれて
しまってよく聴こえない...終盤に長めのスクラッチ(なかなかのテクニシャン
なのでコスっているのはDJチーズか?)が入り、その後は再び街頭のSEとガヤで
終わります。

サンプリングを駆使してノイジーな重低音が暴れるブーティの特徴的な音は
今作でも変わらずカッコイイのですが、毎回同じなのでマンネリ臭も感じられ
ます。フレディ・フレッシュ本によると今作はこのレーベルの作品の中では
最もレアな一枚とのことですが、私は当時リアルタイムで買っていたので
あまり実感が湧かない...買って一度聴いて「ああいつもの音だな」と確認した後は
何年もしまい込んだままでした。ブーティ自身も、この頃を境にレコーディングから
遠ざかっています。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
クロい音楽全般が好きなのですが、 ここではエレクトロとオールド・スクールの アナログ盤に絞って紹介していきます。

KDMX

Author:KDMX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。