スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Two Tough T Show"Shot Out(Chicken Head)"(On ON 102)1986

twotoughshow.jpg

ザ・トゥー・タフ・T・ショウはエイモス・ラーキンスサニービュー・レーベル傘下に
設立したオン・レコードでシングルを一枚だけ残したグループ。 この曲はレーベル
2枚めのリリースなのですが、最初のシングルはメガトロンズの"Rock The Planet"でした。

グループの中心メンバーはトゥー・タフ・T(Two Tough TまたはToo Tough T)こと
アンソニー・ロウリー。~ショウ名義での録音はこの1枚のみですが、この後はソロで
ダイナミクス・IIの"Just Give A D.J. A Break"にゲスト参加したり、マイロン・
ジョンソン(デザイナー・M.J.)とのデュオ名義でシングルを発表したりしています。
残りのメンバーは作曲者にクレジットのあるマイロン・ジョンソン、レナード・ルイス、
サム・ラティモアの3名。彼らはバック・ヴォーカル要員のようで、エイモスの関連作
によく参加している人たちですが、サムだけはジグ-ザグの"Circuit Breaker"
エイモスとは関わりのないレコードの制作にも携わっていたようです。

レーベルにはプロデューサー等のクレジットが一切無いのですが、下に挙げたコンピ
"Miami Electro Bass Classics"によると、プロデュース/演奏/録音/ミックス等は
全てエイモスによるもの。グループの面々は完成したトラックにラップ&ヴォーカルを
乗せる部分から参加したようです。

スタートと同時に複数のパーカッションが鳴り、ライヴ開演前の楽屋でメンバー達が
会話する様子が流れます。しばらくしてTR-808のビートが加わり、歓声の中、彼らが
ステージに登場。"Here Comes Two Tough~"と唄ったり、「母ちゃん、オレのグッチの
時計はどこ行ったんだ?」等とボケをかましたりします。シンセ・ベースがジングル風の
コミカルなソロを取った後、トゥー・タフを中心にかけ合いラップがはじまります。
詩の内容は「ラップする時に飲みすぎてちゃダメだろ」的なコミカルなもの。サビでは
2人のラッパーが交互に"Shot Out!"と激しく繰り返します。ちょうど幕間のように
シンセ・ベースのソロが再び入り、つづいてペニーという女性の話やら、メンバーが
夢の中でバットマンになった話が語られ、サビの"Shot Out!"連呼の後、「ユー・アー・
マイ・サンシャイン」の替え歌で「サンシャイン」の部分が「チキン・ヘッド」に替え
られて唄われます。"Chicken Head"というのはいわゆるお口のサービスのことだそうで、
「チキン・ヘッドには(髪型は)コーンロウが便利だね」等とお下劣にボケて観衆に
ウケまくり、その後はアドリブでスキャットが入ってフェイド・アウトします。

コミカルなストーリーテリングを主題とした内容はダグ・E・フレッシュ&スリック・リックの
"The Show"のマイアミ版といったところですが、下世話なノリと下ネタ中心の詞が
殆どケーシー高峰レベル(汗)。エレクトロとして真剣に評価するというより、
コミック・レコードとして参考程度に覚えておけばいい感じです。曲名の"Shot Out"
というのも「酩酊して記憶の無い状態」のことだそうで、そういうシチュエーションって
アメリカのコメディでは頻繁に用いられるからなぁ...








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
クロい音楽全般が好きなのですが、 ここではエレクトロとオールド・スクールの アナログ盤に絞って紹介していきます。

KDMX

Author:KDMX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。