スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Melle Mel & Duke Bootee"Message II(Survival)"(Sugarhill SH 594)1982

mellemeldukebootee.jpg

「メッセージ・II」は'82年にリリースされた、メリー・メルとデューク・ブーティの
コラボ・シングル。ブーティに関しては既にZ-3・MCズワード・オブ・マウス
そして自身のソロ・シングルを紹介した際に詳しく書きましたので、今回は
メリー・メルについて書いてみます。

メリー・メルことメルヴィン・グローヴァーは'61年、ブロンクスの生まれ。
クール・ハーク、コーク・ラ・ロック、ティミー・ティム、クラーク・ケントらの
オールド・スクーラー達に憧れて16歳の頃からラップをはじめます。その後
デュオで活動していたグランドマスター・フラッシュとカウボーイのグループに
弟のキッド・クリオールと共に加わり、「ザ・スリー・MCズ」の名義で活動を
開始。更にそこへスコーピオとラヒームも加わり、早くも後のフューリアス・
ファイヴの面子が揃うことになります。

'79年にはプロデューサーのテリー・ルイスの手引きで初のシングル"We Rap
More Mellow"を録音。ただ、この曲はまともな契約も無いままテリーが勝手に
出してしまったものだそうで、メンバー達は快く思っていないようです。
グループの名義「ヤンガー・ジェネレイション」というのもテリーが無断で
付けたものだとのこと。

その後、ライブで共演して知り合ったスプーニー・ジーの紹介で、スプーニーの
叔父ボビー・ロビンソンが経営するエンジョイ・レコードと契約を交わし、
シングル"Superappin'"を発表。グループ名も正しく「グランドマスター・フラッシュ
&ザ・フューリアス・ファイヴ」とクレジットされるようになります。セールスは
上々で、グループは(既に「ラッパーズ・ディライト」をヒットさせていた)
大手のシュガーヒルと契約し、そこからシングルを次々とリリースしていくことに
なります。なお、"Superappin'"とほぼ同時にエンジョイから発表されたのが
ファンキー・4・プラス・1・モアの"Rappin And Rocking The House"だったのですが、
この2枚がエンジョイから出た最初のヒップホップのシングルで、同レーベルが
R&B~ブルース系からヒップホップへと転換するきっかけになったのもこの2枚
なのでした。

シュガーヒル入りした彼らは"Freedom"、"The Birthday Party"、"The Adventures~
Wheels Of Steel"等のシングルを次々とヒットさせ、シュガーヒル・ギャングに
替わって同レーベルの看板的存在になっていきます。'82年には名曲"The Message"を
発表。パーティ・ラップ中心だったヒップホップの曲で初めてシリアスな社会問題を
取り上げて、NY以外/他ジャンルのリスナーからも注目を浴びるようになっていきました。

「ザ・メッセージ」が大ヒットして同題のアルバムも発表した後、同曲のメインの
ソングライターだったデューク・ブーティがメリー・メルとコラボして作られたのが
今回の「メッセージ・II」です。こちらのインタビューによると、この曲のリリックは
もともとスプーニー・ジーが書いたものだそうですが、シルヴィア・ロビンソン(
シュガーヒル社長)がそれを気に入らず、メリー・メルが原詞を改作して録音に至った
とのこと。また、トラックは既に発表済の"Scorpio"に酷似しており、かなり即席で
作られたのではないかと思われます。プロデュースはこのレーベルでは毎回同じ
シルヴィア・ロビンソンなのですが、演奏はブーティやレジー・グリフィン等の
シュガーヒルお抱えのミュージシャンが手掛けているようです。

ハンド・クラップがミディアム・テンポのビートを刻み、シンセはピコピコと
秒針のような循環フレーズを繰り返します。DMXのスネアがストトトッ...と駆け降りる
ようにロールし、シンセが「プラネット・ロック」風にミューンとアクセントを
入れ始めたところでデューク・ブーティがラップを開始。"Survival,Only Strong
Can Survive.It's Called Survival."と弱肉強食の世界を語ります。1小節の
フレーズを繰り返すスラップ・ベース、逆回転風のギターも加わり、ラッパーは
メリー・メルに交代。唄とラップの中間のようなトーンで語っていきます。中盤からは
二人がハモったりもしますが、メインはメリー・メルのまま曲は進み、今イチ盛り上がらない
ままインストに抜けてフェイド・アウト。

上に書いたようにトラックは"Scorpio"を流用したもので、そこに僅かに「プラネット・
ロック
」風のシンセ/シン・ドラムを加えたような音。もしかして「プラネット~」の
大ヒットをうけて負けじと作った曲なのかもしれません。メリー・メルのラップが
ふだんよりテンポ緩めなのも「プラネット~」のMCポッピンを意識してなのか?と
思えてきたり...シュガーヒル移籍直後は最先端だった彼らも、流行りを追うように
なるこの後はグループの分裂等も経て、徐々に勢いを失っていくのでした。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
クロい音楽全般が好きなのですが、 ここではエレクトロとオールド・スクールの アナログ盤に絞って紹介していきます。

KDMX

Author:KDMX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。