スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Co-Dee-Mi-Cee & Cocollo Creme"Rhythm Of The Beat"(Hide-A-Way Co-Dee,Creme 02)1986

codeemicee.jpg

コ・ディー・マイ・シー&ココロ・クリームは'80年代半ばに2枚のシングルを
残したMCのデュオ。本名はコ・ディー~がデリック・スミス(Derrik Smith)、
ココロ~がリッキー・アーチャー(Ricky Archer)といいます。

二人の経歴は全くわからず...デビュー・シングルの"Street Rhymes"は
レゲエ好きからはよく知られたプロデューサー、ハリー・ムーディーの
ムーズ・インターナショナルからリリースされているのですが、音楽的にも
メンバーの発音を聞いてもジャマイカのミュージシャンとは思えないので、
ハリーがマイアミまで赴いて現地のラッパーをスカウト~録音したものと
思われます。

今回の"Rhythm~"はその翌年に発表されたセカンド・シングル。作曲/
アレンジ/プロデュースはメンバー二人と(レコーディングが行われた)
ハイド・ア・ウェイ・スタジオのエンジニアであるジミー・スターで、
演奏も含めた殆どをこの3人で行ってしまったようです。ジミーは
このシングルが初仕事のようですが、この後はスティーヴィ・Bや
ダイナミクスIIの作品等、マイアミ産のレコードでエンジニアリングを
手掛けている人物。2000年以降はロック系の仕事が中心になっているので、
彼は白人かもしれません。

エコーのかかったTR-808がミディアム・テンポのビートを刻み、デリックが
"People all across the Nation Listen to this Awesome Sound Creation"と
唄います。スクラッチがグシャグシャと派手に両チャンネルを飛び交った後、
2人のMCが掛け合いラップをスタート。まだあどけなさが残る声ですが、
ラン=DMCを意識した(マイアミ産にしては)けっこう本格的な掛け合いを
聞かせます。キメで曲名を唱和した後ブレイクが入り、フリーダムの
"Get Up And Dance"がコスられます。その後はまた掛け合いに戻って
「オレ達のライムで皆を踊らせるぜ」等と喋ってサビではスクラッチ~という
流れが繰り返されますが、コスリネタが途中からハシム"Al-Naafiysh"
替わります。終盤は各々のMC名を連呼してスパッと終了。

TR-808のビートとスクラッチだけをバックにしたシンプルな音ですが、
T・ラ・ロック&ジャズィ・ジェイの"It's Yours"を思わせるクロいノリが
カッコイイです。B面の"Like Dis Y'All"と"Betty Sue"も前者はTR-808のみ、
後者はヒューマン・ビート・ボックスのみをバックにライムを聞かせる
内容で、彼らはMCとしての力量にかなり自信を持っていたことをうかがわせます。
マイアミ・ベース・サウンドもこういう路線で進化していけば良かったのに...
と思ってしまいました(汗)。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
クロい音楽全般が好きなのですが、 ここではエレクトロとオールド・スクールの アナログ盤に絞って紹介していきます。

KDMX

Author:KDMX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。