スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The System"You Are In My System"(Mirage 99938)1982

thesystem.jpg

ザ・システムはヴォーカル/ギターの黒人ミック・マーフィとキーボードの
白人デイヴィッド・フランクから成るR&B系シンセ・ポップ・デュオ。
'82年にニュー・ヨークで結成されました。

デイヴィッドはボストン近郊の街で生まれ育ち、子供の頃はクラシック・
ピアノを学んでいましたが、徐々にお上品なクラシックに飽きてポップス系の
音楽に転向。キース・エマーソンやイエス等のプログレやスティーヴ・
ウィンウッドのようなブルー・アイド・ソウル、ジェイムズ・ブラウン等の
R&Bやファンクに惹かれるようになっていきます。高校ではサイケデリックな
ロック・バンドで演奏していたのですが、ライヴで共演したソウル系のシンガーが
自分のグループに加入してからは、徐々に音楽性もR&B寄りに変化していきました。
その頃、バンドのベーシストがアープ・オデッセイのシンセを彼に提供し、
デイヴィッドはシンセの音にのめり込んでいきます。

'80年代に入るとセッション・ミュージシャンを志望してNYへ上京するのですが、
当初はスタジオ仕事が貰えず、主に結婚式で演奏していたとのこと。
この頃、オーヴァハイム社から発売されたDSX/DMX/OBXA等のシンセや
ドラム・マシーン類を買い揃えて、全ての演奏を自分ひとりで行う術を
身に付けたそうです。その後、小さなスタジオのオーナーからの依頼で
オリジナルのダンス用の曲を録音することになり、デイヴィッドが
ヴォーカリストとして声をかけたのが無名時代のマドンナ。
"In Times Of Passion"と題されたその曲は当初彼女のヴォーカルで録音の
予定でしたが、マドンナ側がドタキャンして急きょ呼ばれることになったのが
ミックなのでした。

いっぽうのミック・マーフィはノース・カロライナのローリーという町に
生まれ、幼少の頃にNYのクイーンズに引っ越してきます。その後地元の
仲間と共にジャック・サス・バンドというグループを結成します。後に
ソングライターとして成功するララ・コープも居たそのグループは、
NY周辺の"ノー・ウェイヴ"と言われたパンク・ムーブメントの一翼と
見なされる音楽性を持っていたそうですが、数年前にCD化された未発表音源を
聴いてみると、パンクと言うよりは初期のスライ&ザ・ファミリー・ストーンの
影響を強く感じるファンク・ロック/R&Bでした。彼らはコースターズや
チャック・ベリーがマジソン・スクエア・ガーデンでライヴを行う際の
バッキングをつとめたりもしたそうですが、けっきょくグループの活動だけ
では食っていくことが出来ず、ミックは以前からの知り合いだったR&B系
グループ、クリーア(Kleeer)のマネージャーをはじめることになります。
その頃クリーアのロード・バンドの一員だったのがデイヴィッドで、そこで
二人は知り合うことになったのでした。

締切間近なのにヴォーカリストが居なくなった...というデイヴィッドの頭に
浮かんだのがミック。デイヴィッドは彼のロフトにミックを呼び寄せ、徹夜で
レコーディングを開始します。今ひとつパッとしなかったデイヴィッドの原曲を
ミックが改作して曲は"It's Passion"として完成。翌日ミックはマスター・テープを
アセテートのアナログ盤に落としてもらう作業を友人のエンジニアに依頼するの
ですが、そのテープをミラージュ・レコードの社長ジェリー・グリーンバーグが
気に入り、同レーベルと契約を結ぶことになります。発売されたシングルは
すぐにNY周辺のラジオ曲で頻繁にプレイされて大ヒットとなり、彼らは一躍
話題のグループになります。ヴォーカリストとシンセ/ドラム・マシン等の
バック担当の二人だけという形態はイギリスのエレクトロ・ポップ系のグループ
では既に見られていましたが、アメリカのR&B系グループとしてはまだ珍しく、
その音作りと同様に斬新なイメージがありました。

今回の"You Are In My System"は"It's Passion"につづいて発表された2枚目の
シングル。作詞作曲/演奏/プロデュース全てにメンバー二人によるものです。

DMXのハイハットにブヨブヨしたシンセ・ベースが絡んだ後、ミディアム・テンポの
ファンク・ビートが刻まれ、各種シンセ類が細かくアクセントを付けてキカイっぽさを
強調していきます。そこにミックのヴォーカルが加わり、熱っぽく「俺の
システムに入ったオマエ」を唄いあげていきます。サビでコーラスとストリングス・
シンセが加わり、ブレイクで短くシンセ・ソロが入って再びミックのヴォーカルへ。
2度目のサビの後ミックの語りが入り、ダブ処理されたコーラスやシンセのソロが
つづきます。その後ヴォーカルが戻り、コーラスのフレーズをアドリブで繰り返し
ながらフェイド・アウトします。

彼らの音は、ドラムのパターンはシンプルなのですが、ピロピロと細かく刻まれる
デイヴィッドのシンセに特徴があり、それがリズムを強調して、キーボード中心の
音でもソフトになり過ぎない新しさがあったと思います。デイヴィッドはこの後
セッション・ミュージシャンとしても人気が出て、チャカ・カーン、フィル・コリンズ、
スクリッティ・ポリッティ、そしてこの"~System"をカヴァーするロバート・
パーマー等のレコーディングに参加。一聴しただけで彼の演奏とわかるシンセを
聴かせてくれます。ヒップホップ寄りのエレクトロに直接影響を与えた感は薄い
のですが、それらと同時期に「機械による黒人音楽」を志向した音として
シンパシーを感じてしまうのでした。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
THE SYSTEM、我が青春のグループですね~。NHKの「クロスオーバー11」で彼らの「I don't run from danger」を聴いたのが最初の出会いです。代表曲の「Don't Disturb This Groove」も披露宴で使用したほど大好きですね。最近は名前を見なくなりましたが、まだ現役かな?
この頃は、SHANNON/Let The Music Play、FREEZE/I.O.U、THE EGYPTIAN LOVER/Egypt, Egyptあたりがラジオで良くかかっていて、ブレイクダンスの練習の際に良く聴いたもんです。

連日ありがとうございます

私の場合は最初にこの"You Are In My System"をロバート・パーマーが
カヴァーしているのを聴いてグループ名を覚え、その後"I Don't Run~"が
入ったアルバム"The Pleasure Seekers"を貸しレコード屋で借りて、みたいな順
でした。彼らは2000年にアルバムを出して以降はグループとしての活動は
無いようですね...

「クロスオーヴァー・イレブン」は私もよく聴きました。オープニングに毎回流れる
アジムスの曲が聴きたくなって少し前にアルバム買っちゃいました。

シャノンやフリーズ、E・ラヴァー辺りはいずれも当ブログで取り上げていますので
よろしかったら見てみてください。
プロフィール
クロい音楽全般が好きなのですが、 ここではエレクトロとオールド・スクールの アナログ盤に絞って紹介していきます。

KDMX

Author:KDMX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。