スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Special Request "Salsa Smurph" (Tommy Boy TB 832) 1983

specialrequest.jpg
スペシャル・リクエストはNY在住のラテン系アメリカ人、カルロス・デ・ヘスースと
ホセ"アニマル"ディアスによるプロジェクト。この曲を含め2枚のシングルしか
出していません。

カルロスはサルサのキーボード奏者、リカルド・マレーロのグループ出身ですが
'80年代のこの時期だけヒップホップに接近、スペシャル~のほかにも
The Buggers やX-Ray Visionといった単発のプロジェクトでシングルを
発表していました。ホセのほうはクイーンズ生まれで、ラジオ局WKTUのDJ
として当時は知られていた人。カルロスとの共作のほかにはマン・パリッシュの
"Hip Hop Be Bop"
や、デトロイト・テクノの名作サイボトロンの"Clear"の
リミックス等も手掛けています。

音のほうは非常にシンプル。導火線に火が点いた時のような「シュシュッ、シュシュッ」
というパーカッションと、TR-808よりも前の安い機種のものと思われるペナペナの
リズム・ボックスに、ラテン・リズムを取り入れたマリンバ風のシンセが絡み、
ヴォコーダーが"Salsa~Do The Salsa Smuph"と唄う。その後のシンセ・ソロも
どこか気の抜けたオモチャのような音色で、ひとことで言ってスカスカな
インストです。BPMが115と遅いのも曲のノンビリ感に拍車をかけています。

ところが、これを重低音の効いた大型のスピーカーで聴くと、めちゃめちゃドープに
なってしまうのです。打ち込み以降のダンスホール・レゲエに通じる感じというか、
シンプルなトラック故ひとつひとつの音が直接身体に伝わってきてズシンときます。
いったんハマると癖になってやめられない、エレクトロでは珍しい引きの美学で
光る曲と言っていいでしょう。

もう一枚のシングルのほうは、アップ・テンポの割とフツーのラテン・ポップに
なってしまったのが残念。このヘンタイ・エレクトロ路線をもっと聴いてみたかったです。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これこれ、
昔トミーボーイのオムニバスで聴いて
当時はアートオブノイズの方がいいやなんて
たるいなあなんて(ミャオ)思ってたんですが、
その後、何度となく
これがたまらなく聴きたくなってしまって。
そんな時にはそのレコードは手放してしまって
なんて、誰の曲かもわからなくなって困ってたところに
この記事です。
参考にもなり助かりました。
でかいスピーカーで聴いてみたいもんです。

ありがとうございます

??さん、こんばんは。

この曲はパッと聴きは地味だけど、いつの間にか頭に残って
グルグルと鳴り続けるような不思議な中毒性を持ってますね。

途中で猫化してしまう「ミャオ、ミャオ...」のくだりは書くのを忘れてました。

>昔トミーボーイのオムニバスで聴いて
3人のブレイクダンサーがシルエットでなく写真でジャケットに写っている
"Tommy Boy Greatest Beats"のことかなあ。
プロフィール
クロい音楽全般が好きなのですが、 ここではエレクトロとオールド・スクールの アナログ盤に絞って紹介していきます。

KDMX

Author:KDMX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。