スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jay Barrons(The Reel Rapper)"The Legend Of Bogie(Play It Again)"(BMO City BMC9611217)1989

jaybarrons.jpg

ジェイ・バロンズは'89年にこのシングル1枚のみを残している謎のラッパー。
他のレコードへの参加歴も見当たらず、ミュージシャンとしては殆ど活動して
いないようです。

検索してみると、本職はスタンダップ・コメディアンのようですが、それ以上の
詳しい部分は全くわからず...レーベルのBMOというところはボルチモアを拠点と
する会社ですが、ジェイは主にNYで活動しているようだし...

ジャケットや曲名からもわかるように、今作はボギーこと名優ハンフリー・ボガートを
意識したもの。副題の"Play It Again"というのも「カサブランカ」での台詞を
もじっていますし、ジャケ写のトレンチ・コート姿は彼のトレード・マークでした。
芸名に添えられた"The Reel Rapper"というのは映画絡み、若しくは役者に
扮したラッパー、ということのようです。レーベル面のクレジットに
アルバム"The Last Of The Reel Gangsters"からのシングル・カットとあるのですが、
そのアルバムは発表されておらず、けっきょくこのシングル1枚のみで終わっています。
あまり売れなかった、ということですかね...

プロデュースは当ブログではお馴染みのモーリス・スター。'89年というと既に
ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックを大ヒットさせた後のはずですが、こんな地味目な
仕事もやっていたんですね。まぁ聴いてみるとこの曲は「音楽」というより「芸能」の
ニオイが強いので、企画ものとして面白いとやる気になったのかもしれません。

スタートと同時に打ち込みのドラムがゴーゴー・ビート風のミディアム・テンポの
リズムを刻み、フェードラなる女性がジェイを紹介するようにラップします。
サックスが短くムーディなソロを入れ、シンセ・ベースがブニブニと唸った後、
ジェイのラップがスタート。語りとラップの中間のようなトーンで、ボギーを
意識したニヒルな喋りを聴かせます。合間にファンキーなリズム・ギターや
サックスも絡めつつ、サビではフェードラが"He Said,‘Play It Again’"と
唄います。その後男女の語り~銃声のSEが入ったり、元映画のピアノ演奏を再現する
ようなシンセ・ソロがあったりしつつ、終盤はジェイがデタラメに唄ったり、
別の有名な台詞「君の瞳に乾杯(Here's Looking At You,Kid)」等を散りばめたり
して終わります。

'89年作ということでエレクトロ度は低く、曲のテーマも相まってクロさよりも
ポップさを優先したような内容です。YouTubeにも挙がって無いようなマイナーな曲ですが、
モーリスはこんな曲も演っていた、ということで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
クロい音楽全般が好きなのですが、 ここではエレクトロとオールド・スクールの アナログ盤に絞って紹介していきます。

KDMX

Author:KDMX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。