スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Deuces Wild"Hard Is Hard"(Turngold TG 005)1986

hardishard.jpg

"Hard Is Hard"は'86年にリリースされたデューシズ・ワイルドのデビュー曲。
彼らはアストン・テイラー・Jr.、デリック・キーズ、ティト・ナベドの3人組です。
この前年にデリックとティトのMC二人がリコシェ・アンド・センティピード
(Ricochet And Centipede)の名義でシングルを出していたのが、そこにDJの
アストンが加わってデューシズ~に発展したようです。

このころの3人はまだ無名の存在ですが、このうちの二人は'90年代に入ってから
名を上げることになります。アストンはDJのファンクマスター・フレックス、
デリックはソロMCのナイン(Nineまたは9mm)として活躍することになるのでした。
ヒスパニック系と思しきティトだけは消息不明です...

フレックスは'68年ブロンクス生まれ。父親は地元では名を知られたDJで、
フレックスも幼少の頃からサウンド・システム~DJに馴染んでいたそう。16歳の
時に地元のクラブで自分もDJを始め、その後同じブロンクス出身の有名DJだった
チャック・チルアウトのレコード・ボーイをつとめることになります。同じ頃ナインとも
知り合いデューシズを結成。師匠のチャックのプロデュースでさっそく制作されたのが
今回のシングルです。チャックは既にB-ボーイズのメンバーとしての作品は
何枚も発表していましたが、外部のアーティストのプロデュースは今作が初めてです。

スタートと同時にハード・ロック調(AC/DC?)のギター・リフがスクラッチで繰り返され、
同時にドスの効いた男性のラップが入ります。DMXのドラムがアップ・テンポのビートを
刻み、エレクトリック・ベースが重く絡む中を2人の男性が激しく掛け合いでラップして
いきます。間奏で声ネタが細かくスクラッチされた後は再び掛け合いラップに戻り、
その後は声ネタのスクラッチとラップが交互に展開。終盤は曲名の"Hard"の声ネタに
様々なエフェクトをかけられて連呼されながらフェイド・アウト。

ハード・ロック系のギター使いにはLL・クール・Jの"Rock The Bells"の影響を、
ダミ声の男性の掛け合いという部分にはラン=DMCの影響を感じさせる音で、DMX等を
使いつつもエレクトロというよりはデフ・ジャム周辺のよりハードコアな音を狙って
いるのがわかります。スクラッチもフレーズをより細かく刻んでコスっていて、
聴き終えて印象に残るのはラップとスクラッチのみ。NY周辺ではほぼこの頃には
旧来の「エレクトロ」は死滅してしまった、ということなんでしょうね...

彼らはこの後2枚のシングルを発表しますが、'88年ごろ解散。各々がソロで活動
していくことになります。再デビュー後のナインはバスタ・ライムズを更にエグく
したようなガラガラのダミ声がウリになっていましたが、この頃はまだそれほど
ガレていません(?)でした。フレックスのほうは親分チャックがラジオ番組に
遅刻した時に臨時でDJをつとめたところ大ウケしてソロでも人気を獲得、
独立してWBLS-FMに自分の番組を持ち、そこから大物になっていくのでした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
クロい音楽全般が好きなのですが、 ここではエレクトロとオールド・スクールの アナログ盤に絞って紹介していきます。

KDMX

Author:KDMX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。