スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Drum Machine"Drum Machine"(Jayco JC 001)1982

drummachine.jpg

ドラム・マシーンはプロデューサー/エンジニアの白人男性ジェイ・バーネットによる
プロジェクト。このシングル一枚だけしかリリースはありません。レーベルのジェイコも
ジェイ個人の会社のようで、この一枚のみのリリースで消滅してしまった模様。

ジェイの詳しい経歴は不明ですが、ニューヨーク大学の映画科を卒業後、'79年ごろから
エンジニアとして活動を開始。初期にはジャスティン&ザ・ヴィクトリアン・パンクスなる
シンセ・ポップ系のグループや日本の清水靖晃等も手掛けていました。ヒップホップ畑と
関わりが出てきたのは'81年にアフリカ・バンバータ&ジャズィ・ファイヴの"Jazzy Sensation"を
手掛けてから。それ以降しばらくはバムの他プラネット・パトロールフリーズ、「ビート・
ストリート」のサントラといったアーサー・ベイカー絡みの作品や、同じトミー・ボーイの
ジョンザン・クリューハシム~カッティング・レーベル周辺、ドミトリックス等、
初期エレクトロの重要作品に多数関わっています。

それらのレコーディングに参加するうちにジェイ自身にもヒップホップ的な音の感覚が
身に付き、自らもその手の曲を作ってみるに至った、というのがこのシングルなのでしょう。
特にクレジットはありませんが、演奏は全てジェイ自身がひとりで行っているものと
思われます。作曲者のクレジットにジェイと併記されているF.フィンレイ、C.ローテなる
人物に関しては詳細不明でした。

ゲイト・リヴァーヴのかかったヘヴィなドラム・ビートがイントロから鳴り響き、人を喰った
ようなトーンのナレイションが入ります。エレクトリック・ベースも加わり、ドラム以外の
各楽器にはエフェクトがかけられてチューニングが狂ったように変調しながら曲が進みます。
1分ほど経ったところでジェイ自身と思われる男性のラップがスタート。リズミックにアクセントを
つける程度でラッパーとしての腕前はほどほどといったかんじ。間奏では重低音化したドラムを
バックに「ドラム・マシーンの音を聞かせて!」等とねだる男女の会話のSEが入り、その後
ファズのかかったシンセ・ベースのソロに流れます。そこからはドラム・ブレイク~ヴォコーダー
のソロ~ジェイのラップ~リズム・ギター+集団コーラス等つぎつぎに展開していき、最後は
リズム・ギターとヴォコーダーが絡んで唐突に終了します。

変調していくヴォーカル~ドラム~シンセ類の面白さでつい最後まで聴いてしまう感じで、
そのイジリ具合がいかにもエンジニアらしい感じもします。ファンキーなリズム・ギターが
聴ける部分ではトーキング・ヘッズぽいかな?とも思ったのですが、ラフでパンキッシュな
白人ヒップホップということでイメージされるのはビースティ・ボーイズ。実際デフ・ジャムから
ビースティが再デビューする前後に、ビースティのMCAがソロで出したシングルMCA & Burzootie
(バーズーティはジェイのニックネーム)"Drum Machine"で、まるまるこの曲が引用されることに
なるのでした。

その後のジェイは、'90年代にNYからロンドンに移り、エンジニア/リミキサーとして活動。
テクノ~ハウス系からジェフ・ベックやバート・ヤンシュ(!)等ロック系の大物まで、幅広く
手掛け、現在も活躍中です。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
クロい音楽全般が好きなのですが、 ここではエレクトロとオールド・スクールの アナログ盤に絞って紹介していきます。

KDMX

Author:KDMX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。