スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gorgeous George"Cabbage Patch Scratch"(April A-4001)1986

gorgeousgeorge.jpg

ゴージャス・ジョージは'70年代半ばからフィラデルフィアを
拠点に活動するプロデューサー/シンガーのバディ・ターナーの
変名プロジェクト。シンガーのクラレンス・リードが
ラッパーとしてはブロウフライと名乗って活動していたように、
若者向け(?)なヒップホップを演る時はヒップなキャラクターを
演じたい、ということだと思います。

バディは、'76年ごろにディスコ系グループのリッチー・ファミリーの
バック・ヴォーカリストとしてキャリアをスタート、その後は
エディ・ケンドリックス、ファースト・チョイス、ダブル・
エクスポージャー等につぎつぎと曲を提供し、フィラデルフィアの
ソウル・シーンでソングライターとして頭角を表します。
'80年代に入る頃には地元のフィリー・ワールド・レーベルを中心に
プロデュース業を開始し、キャプテン・スカイのシングルや
サーチのアルバム、Qのシングル"The Voice Of Q"等、後年に
ブギーの隠れ名盤と言われるようになる作品を発表します。

同じ頃バディはフィリー・ディヴォーションのリード・シンガー
だったマット・コヴィントン(Matt Covington)と共同で
エイプリル・レコーズを設立。当初はマットのソロ名義の
ソウル系作品をリリースしていましたが、時代の流れを
察したバディは'86年ごろからヒップホップ寄りにレーベル・
カラーを転換、第一弾として自身がラップに挑戦した今作を
発表することになります。

作曲/アレンジ/プロデュースはバディ自身。DMXのプログラミングは
レコーディング・エンジニアのジーン・レオーネなる白人男性が
手掛けています。

DMXがミディアム・テンポのファンク・ビートを刻み、そこに
スラップ・ベース、ファンキーなリズム・ギター、ホーン・
シンセが順に加わったところでバディのラップがスタート。
メリー・メル辺りを意識しているようですが、ちょっともっさりした
今イチ垢抜けないトーンです。サビでは女性コーラス隊が入って
きて、バディのラップとコール・アンド・レスポンスを行います。
その後短いパーカッションのソロが入ったり、低音の男声の
"Baby"という掛け声が入って変化を付けつつ曲は進み、後半に
バディが"Scratch!"と叫ぶとキーボードがスクラッチ音を模した
ブニュブニュというソロが繰り返し、その後はバディが
"Everybody Up!~Dance!"等とアドリブでラップして、女性コーラスの
コーダと共にフェイド・アウト。

ニセ・スクラッチのブニュブニュ音には腰くだけになりましたが、
それも含めて、この程度の(生音中心の)アレンジがR&B畑の人に
とってのヒップホップ解釈ということなんでしょう。
"Cabbage Patch"というのはダンスの名前のようですが、
もともとディスコからスタートしたバディにとっては
ヒップホップも流行りのダンス・ミュージックのひとつ、
ぐらいの認識だったのかもしれません。

下に挙げたCD、実は今回の曲は入っていないのですが、バディの
関連作をまとめて聴けるものがほぼこれ一枚しかないので
挙げてみました。終盤にエイプリル・レコーズから出た
もうちょっとマトモな(笑)ヒップホップ・ナンバーが数曲
入っています。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
クロい音楽全般が好きなのですが、 ここではエレクトロとオールド・スクールの アナログ盤に絞って紹介していきます。

KDMX

Author:KDMX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。