スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Riuichi Sakamoto"Riot In Lagos"(Island 12IS 139)1980

riotinlagos.jpg

4ヶ月近くサボってしまいましたが、今回からまた更新再開します。
最初は誰にしようかと考えた末、前から取り上げなくてはと
思っていた日本のアーティストの盤にしてみました。

教授の経歴に関してはいろいろなところで詳しく紹介されて
いるので省略します。このシングルが発表された'80年ごろは
YMOの人気が絶頂にあった時で、割と何をやっても許されてしまう
ような環境にあったそうで、そんなところから過激な(ポップでない)
レコードでも作れてしまったとのこと。

話が前後しますが今作は'80年にリリースされたアルバム「B-2 Unit」
からのシングル・カット。当時の教授はUK産のダブ、
またXTCのアンディ・パートリッジのソロ・アルバム
「テイク・アウェイ」(内容はXTCの楽曲をダブ化したもの)
に強く刺激を受けていたそうで、レコーディングの一部を
ロンドンのエアー・スタジオやスタジオ80で行い、ミックスと
エンジニアリングをUKレゲエのプロデューサー/ダブ・ミキサーである
デニス・ボーヴェルに委ねています。

エレピ風のシンセがポツポツと鳴らされ、ダブ処理された
パーカッションがディレイを伴って絡んだかと思うと、シンセ・
ベースがブンと入ってきて、そのゆったりした流れを打ち破るように
プログラミングされたリズムがアップ・テンポのビートをスタート。
複数のシンセ類がダブでユラユラとゆらめきながら絡みます。
つづいて循環するピコピコ音をバックにホイッスルのような
シンセが左右のチャンネルでソロを取り、その2種のメロディの
繰り返しで曲が進んでいきます。何度かドラムが抜けるブレイクを
はさみつつ、ダブ処理によって突如ペースの音が深くなったり、
霞の向こうから現れては消えるシンセ類の面白さに気を取られて
いると唐突に曲は終わります。

「B-2 Unit」のライナーに載っているインタビューでは、この曲の
ビートはフェラ・クティのアフロ・ビートを参考にした旨が
述べられていますが、個人的にはアフロ色は殆ど感じません。
それでも、普通のポップスやソウルの曲とは全く異なるフレーズの
組み立てや、カリカリとして冷たい電子楽器の音色、テクノと
ダブをいち早く融合させた先見性等、'80年の作にして今聴いても
全く古びていない作品だと思います。

YMOの楽曲同様エレクトロのアーティストにも影響を与えており、
アフリカ・バンバータは自身が担当するラジオ番組のエンディング・
テーマにこの曲を使用し、カーティス・マントロニクは影響を受けた
曲を集めたコンピレイションにこの曲を選んでいました。

...こんな感じで、これからは週に1回程度の更新になると
思います(以前のような毎日の更新は肉体的にもネタ量的にも
無理です...)が、よろしくお付き合いください。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
クロい音楽全般が好きなのですが、 ここではエレクトロとオールド・スクールの アナログ盤に絞って紹介していきます。

KDMX

Author:KDMX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。