スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Love Bug Starski "Do The Right Thing" (Fever SF 801) 1984

lovebugstarskidotheright.jpg
"Do The Right Thing"は'84年にリリースされた、ラヴバッグ・スタースキーの
通算3枚めになるシングル。彼の経歴に関しては前作の"You've Gotta Believe"
際に書いたのでそちらを参照してください。

作曲/プロデュースも前作同様カーティス・ブロウ。共同プロデュースのダニー・
ハリスは当時のブロウ関連の作品によく参加していたギタリストです。B面の曲が
前のシングル"Live At The Disco Fever"のパートIIになっているので、好評
だった前作と同じ路線でもう1枚、という流れで作られたものと思われます。

コンガがラテン・リズムを刻み、DMXがミディアム・テンポのビートを鳴らします。
太いシンセ・ベース、2小節のリフを繰り返すエレピも加わった後、スタースキーの
ラップがスタート。DJハリウッド~カーティス・ブロウ直系のアクセントを付ける
スタイルで、健全明朗な内容の詞を語ります。サビでは女性コーラスが曲名を唄い、
それにスタースキーがスキャットや唄で返すのも前作と同様です。その後重低音化した
ドラム・ブレイクが入り、その後はここまでの繰り返しになりますが、終盤に
パーカッションやシンセ類のソロがあり、スタースキーがアドリブで唄って終了に
なります。

先に書いたとおり、前作と同じ路線でもう1枚行ってみた、という感じのポップな
曲です。打ち込みドラムの音色には、ファット・ボーイズ等の当時のブロウの関連作
に通ずるものを感じます。この人独特の声が上ずるようなトーンが、マチョイズムを
良しとするヒップホップの世界ではマイナスになるだろうなあとは思うのですが、
ディスコ・ラップの流れを引き継いだ作品としては評価したいです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
クロい音楽全般が好きなのですが、 ここではエレクトロとオールド・スクールの アナログ盤に絞って紹介していきます。

KDMX

Author:KDMX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。