スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kold Krew "Don't Let 'Em Drop The Bomb" (Time Trax TT 003) 1984

koldkrew.jpg
コールド・クルーはこのシングル一枚のみを残して消えた謎のグループ。
レーベルのタイム・トラックスは以前紹介したシナジー"Project 5"
出していたところですが、こちらも覆面グループ的なプロジェクトなので、
よけいわかりにくい(笑)です。

共同プロデュースのルレイ・ラフィンはシナジーの際にもふれたように、
MCチルやセクシャル・ハラスメント等にも関わっている人。作曲者の
ひとりキャメロン・マレイはソウル・ジャズ系のピーシズ・オブ・ア・
ドリームのアルバムにも関わっているのですが、それ以上の詳しい経歴は
不明です。このシングルのオリジナル・プレスのジャケットには歌詞が
記されており、その内容はレーガン大統領によるレバノン派兵問題を
扱ったもので、そんな社会的なトピックをテーマにするのはどんな
ミュージシャンなんだろうと思うのですが...

DMXが軽快なビートを刻み、ファンキーなシンセ・ベースに、シンセが
哀感を帯びたリフを重ねます。ちょっとハスキーな男性がラップを
スタート。メッセージ色濃い歌詞を早口で語ります。サビでは爆発音の
ようなSEにシンフォニックなシンセのソロが絡み、曲名を連呼する
コーラスが続きます。その後はラッパーが代わり、掛け合いを繰り返し
ながら盛り上げていきます。中盤でドラム・ブレイクが入り、シンセが
長いソロを取った後はラッパー/ヴォーカリストたちがアドリブで唄って、
ふたたび爆発音が全てを消すように鳴って終わります。

マイナーのインディ作品にしては、ドラムやシンセ類の音処理がよく
こなれており、けっこうカッコイイ。曲はポップで黒さを押さえた
トラックに、あとからラッパーを乗せたような感じです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
クロい音楽全般が好きなのですが、 ここではエレクトロとオールド・スクールの アナログ盤に絞って紹介していきます。

KDMX

Author:KDMX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。