FC2ブログ

Pee Wee Mel "Badd(You Got It)" (Star's CR 01) 1984

peeweemel.jpg
ピー・ウィー・メルことメルヴィン・アンダーソンは'80年ごろから活動する
DJ兼MC。ハーレムで生まれ育った彼は、十代の頃はギャングやキングピン
(ドラッグ・ディーラー)たちと共に過ごしていたそうで、そんなところから
リアルな話を語ることが出来るんだ、とご自身のMySpaceで語っています。

'80年には仲間のT.J.スワンのシングル"Maximus Party"にゲスト参加する形で
レコード・デビュー。翌年にはその二人にバリー・Bも加わって"Are You Ready"
を、さらに初めて自身がメインを取ったシングル"Life On Planet Earth"も
リリース。しばらく間を置いて'84年に発表されたのが今回の"Badd(You Got It)"
です。

プロデュースは"Maximus~"や"Are You Ready"をリリースしていたエクスプレス・
レコードのオーナーと思われるC.スミスなる人物。もう一人作曲者に名がある
D.ハリスもエクスプレス時代からのスタッフと思われますが詳細は不明です。
今作のレーベルのスターズというところもこのシングル一枚しか確認出来て
おらず、リリース直後に消滅してしまったようです。

JBのライブ盤からサンプルした"Are You Ready For Some Super Dynamite Soul!"の
MCからはじまり、ミディアム・テンポのビートを刻むリズム・ボックス、JBの
"Get Up,Get Into It,Get Involved"からフレーズを引用したシンセ・ベースに
曲名を連呼するコーラスが加わったところでメルのラップがスタート。鼻に
かかった声で自分がいかに優れたMCかを語ります。(これもJBの"Revolution Of
The Mind"を使用したと思われる)ブラス隊が合いの手のようにスクラッチされ、
サビではメルが"Chi-Bonx4 I'm Chillin'"とスキャット風に唄います。
のらりくらりとした調子でメルのラップはつづき、ライブの歓声やイントロの
MCボイスも何度か繰り返された後、終盤にはディレイのかかったドラム・ブレイクが
入り、ウケまくるメルのライヴを疑似再現したような雰囲気で終わります。

どこかノヴェルティ・タッチで、「芸能」を感じさせる曲。こちらのほうが先なの
ですが、ユーモラスな鼻声はスリック・リックを連想させます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
クロい音楽全般が好きなのですが、 ここではエレクトロとオールド・スクールの アナログ盤に絞って紹介していきます。

KDMX

Author:KDMX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR