スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Unknown D.J. "Breakdown" (Techno Kut TK 1201) 1988

unknowndjbreak.jpg
"Breakdown"は'88年にリリースされた、アンノウン・DJの通算4枚めのシングル。
経歴等は"808 Beats"を書いた時に詳しく書いたので、そちらをご参照ください。
前作まではアンドレ(アンノウン~の本名)が所有するテクノ・ホップ・レーベル
からのリリースだったのですが、今作からはアンドレとグランドマスター・ロンゾが
共同で設立したテクノ・カット・レコーズからのリリースになっています。

プロデューサーとしてクレジットされているビッグ・ビート・プロダクションズは
アンドレと彼の弟子筋のダリル・デイヴィスのこと。ジャケットのイラストを
描いているのもダリルで、彼は他にもレッキン・クルーの"Surgery"のジャケットを
手掛ける等、イラストレイターとしても人気だった(?)ようです。ゲストとして
ジャネットなる女性シンガーが参加しています。

一拍目からタテのりのドラム・マシンがテンション高くビートを刻み、ジャネットが
"Dance Your Ass Off!"とセクシーに煽ります。TR-808とメタリックな音色のシンセが
各々4小節のソロを取った後、シンセ・ベースが加わり、"West Coast! East Coast!"の
掛け声が繰り返され、シンセがアラビックなメロディを弾いて進んでいきます。
その後はジャネットが気怠くラップしたり、リンゴをかじる音がサンプリングで入れ
込まれたり、ハンド・クラップ連打したり等でアクセントを付け、アンドレの
せわしないスクラッチが入って終わります。

副題に「ダンスでパンツを脱げ!!」と付いているように、今作はアップテンポで
ノリノリな曲調を狙ったのでしょうが、どこか大ざっぱでリズムのキレが悪く、
粗雑で男臭い力技のダンス・ナンバーに聴こえます。カウボーイがDJしている
ジャケットはカッコイイんですけどね...






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
クロい音楽全般が好きなのですが、 ここではエレクトロとオールド・スクールの アナログ盤に絞って紹介していきます。

KDMX

Author:KDMX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。