スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hassan & 7-11 "Cold Rock Stuff" (Easy Street EZS 7519) 1985

hassan.jpg
ハッサン&セヴン・イレヴンはハウス/ガラージュ方面では
よく知られたイージー・ストリート・レーベルからシングルを
3枚リリースしているグループ。"Cold~"は彼らの3枚めのシングルです。
中心メンバー(彼ひとりのプロジェクトかも)は作曲者のクレジットに
あるドゥエイン・ジョーンズと思われますが、詳しいことは不明です。

プロデュースはスウィート・ソウル関連の作品で知られるジョージ・カー。
'60年代からニュー・ジャージーを拠点に活動し、リンダ・ジョーンズや
エスコーツ、ホワットノウツ等の作品で知られています。ソロ・アルバムも
数枚リリースしていますが、こんなヒップホップ系のアーティストまで
手がけているとはこの曲を手に入れるまで知りませんでした。コ・プロデュースの
サム・カリーもジョージの作品に多数関わっている人ですが、単独でも
ファットバックの'70年代末の数作に参加したりしています。

この曲はベースレスで、トラックを構成するのはドラム・マシンと
スクラッチのみ。オーバーハイムDMXのドラムとハンド・クラップに
ディレイがかけられ、ところどころでスクラッチで声ネタが"Cold Rock Stuff!"と
差し込まれ(使用しているレコードはジャズィ・ジェイの"Cold Chillin'
in the Spot")、サビの部分ではスネアとハンド・クラップがダダダ...と
連打されるだけなのですが、非常にカッコ良いです。ハッサンのラップも
T・ラ・ロックに通ずるファンキーな味でシングルのみで終わってしまったのは
残念な感じ。中盤で何故か息子と思しき子供ラッパーも登場しますが...

因みにハッサンの他のシングルは、ジャズィ・ジェイ&レジー・グリフィン参加の
"City Life"、ヴォーン・メイソン(Vaughan Mason)やマーリー・マールが参加した
"Emotions Can Be Serious"どちらもカッコ良いので、そちらも見かけたら買って
おいて損はなしです。3枚全てジョージ・カーのプロデュースなのですが、
同時期の他のジョージ作品と比べても音がダイナミックでひと皮むけている
感じ。イージー・ストリート絡みの時だけスタッフが優秀なのでしょうか。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
クロい音楽全般が好きなのですが、 ここではエレクトロとオールド・スクールの アナログ盤に絞って紹介していきます。

KDMX

Author:KDMX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。