スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD III "And You Know That/Summer Jam" (Vanity AL 690) 1984

cdiiiandyouknowthat.jpg
"And You Know~"は'84年にリリースされた、CDIIIの3枚めのシングル。メンバーの
経歴に関してはデビュー曲"Get Tough"の際に書いたのでそちらをご参照下さい。
YouTubeのコメントに、メンバー名はディスコ・ダッシュ、C-ロス・プリンス・ユニーク、
そしてハウイー・ティーと書かれているのですが、H・ティー以外に関しては真偽は
不明です。

プロデュースも引き続きアート・ポルヘムスで、彼のクオリティ高い音作りは今作
でも変わらず。レーベルのヴァニティというところは、このシングル1枚しかリリースが
確認されておらず、ナゾの会社です。住所がマンハッタンのわりとど真ん中にあるので、
ポルヘムスが所有するレーベルかもしれません。サンクス欄に名前のあるスペシャル・K
という人もトレチャラス・3のあの人なのか不明...

男性ラッパーが観客の女性陣に"Hey Ladies!"と語りかけ、女性たちが"Yeah!"と返す歓声で
スタート。ゲート・リヴァーヴのかかったDMXのドラム、シンセ・ベース、ホーン・シンセ、
リズム・ギターが一斉に入ってきて曲がはじまります。つづいて3人のラッパーが掛け合い
をはじめます。サビで3人が"And You Know That!"と言った後、メンバーがファルセットで(!)
"Hey Ladies~"等とコーラスを唄うのがエレクトロでは異色ですが、彼らは毎回こういう
唄ものと絡めた音作りをやっているのでした。その後は3人の掛け合い~サビでは唄の繰り返し
になります。2度めのサビの後に、イーミュレーターを使用したサンプル・ヴォイスの軽い遊び
が入って終わりです。

このシングルは両A面扱いなのですが、裏面の"Summer Jam"はプヨプヨしたシンセ・ベースが
気持ちいい"Get Tough"路線の曲。サビではメンバー達が唄っているのも同様です。

けっきょく彼らはセールス面では恵まれず、このシングルまでで解散。H・ティーはUTFO等
セレクト・レーベルの周辺でプロデューサーとして活動するようになりますが、甥っ子の
チャブ・ロックと組んだ作品が数年後に大ヒットを飛ばし、再びスポットが当たることに
なります。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
クロい音楽全般が好きなのですが、 ここではエレクトロとオールド・スクールの アナログ盤に絞って紹介していきます。

KDMX

Author:KDMX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。