スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Masterdon Committee "Funkbox Party" (Enjoy EN 1166) 1982

masterdonc.jpg
マスタードン・コミッティーは'80年代前半に5枚のシングルを残したグループ。
リーダーのマスター・ドンことドネル・マーティンはボルチモア生まれでNY育ち、
子供の頃から音楽に並々ならぬ興味を示していたそうですが、十代半ばの頃から
DJをはじめ、優れたスキルで頭角を現していきます。'80年ごろには専属のMCを
率いて活動するようになり、これが発展してマスタードン~が結成。メンバーは
ギャングスター・ジー、ブー・スキー(Boo Ski)、キース・K.C.、ジョニー・ディー、
そしてドネルの姉で、先にソロでも活動していたペブリー・プー(Pebblee Poo)
でした。

ライヴの際にリズム・ボックスをDJプレイと併用することでも話題を集め、それが
ボビー・ロビンソンの目に留まって(ドンが使用していた特殊な?TR-808を本気で
欲しがっていたらしい)エンジョイ・レーベルと契約。デビュー・シングル
"Gonna' Get You Hot"は生演奏中心の旧来の「ディスコ・ラップ」スタイルでしたが、
彼らのライヴをTR-808込みで再現したのがセカンド・シングルの"Funkbox Party"
でした。ファンクボックスとはむろんTR-808のことです。

"Listen,Listen,Listen For The Beatbox"の掛け声と共にTR-808がビートを刻み、
派手なガヤと共にMCが観客を煽ります。その後、味のある声の男性が唄いはじめ
ます。サビでの「ウーン、ナナナナー」の連呼が男臭くてカッコイイ。連られて
観客も「ウーン~」と繰り返します。ひと通り唄い終えた後は各MCのソロ・パートが
あり、一人が終わる度に先のコーラスがまた入ります。姉御肌のペブリー・プーが
良いです。

トラックはリズム・ボックスのみですが、一度聴いたら忘れられないヴォーカル、
アツいMC陣、そして激しい観客の反応と、ライヴの盛り上がりをうまく再現し、
オールド・スクール期のパーティの模様を今に伝える名曲です。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
クロい音楽全般が好きなのですが、 ここではエレクトロとオールド・スクールの アナログ盤に絞って紹介していきます。

KDMX

Author:KDMX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。