スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rhythm Makers Ltd. "Unicycle Searching Rap" (Star Vision International SVI 1202) 1985

rhythmmakers.jpg
リズム・メイカーズ・リミテッドは'80年代半ばに2枚のシングルを残した
グループ。メンバー構成や各々の名前は全くわかりません。
レーベルのスター・ヴィジョンはジミー・ドケットの所有するレーベル。
ジミーは'70年代前半から活動するソウル・シンガーで、スモーキー・
ロビンソンに通ずる甘いファルセットがウリの、ポピュラー寄りの
アーティストでした。スター・ヴィジョンの作品は殆ど彼がプロデュースも
行っています。

"Unicycle~"はグループの2枚めのシングルなのですが、デビュー曲共々
アレンジとバック・トラックの演奏を行っているのはフレッド・マクファーレン。
彼は'80年代前半から現在まで、NYを拠点に活動をつづけるキーボード奏者/
プロデューサー/リミキサー。この頃はまだ駆け出しですが、アレン・ジョージと
組んで活動するようになってからはジョセリン・ブラウンの"Somebody
Else's Guy"やロビン・Sの"Show Me Love"等の大ヒットを生んでいます。
唄ものR&B寄りのディスコ~ハウスを得意としている人です。

重々しいストリングス・シンセの中、低音の男性ナレーターがグループを
紹介した後、DMXがビートを刻み始め、スペイシーなシンセやシン・ドラムが
アクセントをつけていく中、メンバーのラップがスタート。ブヨブヨのシンセ・ベースが
ファンキーにうねり、一人のリード・ラッパーに複数のバックがガヤを返す形で
掛け合いを聴かせます。メリー・メル&フューリアス・ファイヴの影響を窺わせる
オーソドックスなスタイルはなかなか勢いがあってカッコ良いです。詞の内容も
フューリアス~の"The Message"タイプの暗い世相を唄ったものですが、サビでは
希望を見出そうとするかのように"Searching For The Rainbow,Searching For The
Heart Of Gold"と男女コーラスが唄います。中盤で軽くドラム・ブレイクがあり、
ハンド・クラップとシンセ・ベースが交互にソロを取った後、再びコーラスが
登場してコーダとなります。

全体としてはやや唄もの寄りな、メロディアスなエレクトロという感じですが、
もうひとつ食い足りない、何かアクが欲しいところです。

ここまで書いたところでデビュー・シングルの"Party Rap"も聴き直してみたの
ですが、こちらの方がトレチャラス・スリーみたいなドラム・マシン&スクラッチ
&集団ラップでカッコ良かった...まぁ良かったらそちらも探してみて下さい。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
クロい音楽全般が好きなのですが、 ここではエレクトロとオールド・スクールの アナログ盤に絞って紹介していきます。

KDMX

Author:KDMX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。