スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

T.C. & Dangerous Three "You Can Do It" (Tra-San TS 1000) 1984

tcanddangerouscrew.jpg
T.C.&デンジェラス・スリーはNY郊外のスプリング・ヴァレー出身の3人組。メンバー名は
アル-スキー(Al-ski)、 T.C.、ダニー"ダッパー・ダン"ディッカーソンですが、それ以上の
詳しい経歴は全くわかりません。レーベルのトレイ-サンはジョージ・カーの関連作品を
'84年前後に数枚出しただけのニュー・ジャージーの会社。他のシングルはR&B/ディスコ系の
曲ばかりです。

プロデュースはジョージ・カーとレジー・グリフィン。ジョージに関してはハッサン&7-11
項を、レジーは自身のシングル"Mirda Rock"のページを各々参照してほしいのですが、二人とも
本来は唄ものR&B畑の人です。

音色を殆ど加工していないDMXのドラムがビチビチと鳴り、手弾きのエレクトリック・ベースと、
ちょっとタメの効いたホーン・シンセが合いの手のように入り、3人の男性が掛け合いラップを
展開。サビでは3人がユニゾンでラップしています。トレチャラス・スリー辺りに似たタイプで、
メンバーの声質はワルそうなのですが(笑)、詞の内容はキング牧師や神の教えに従って行動すれば
正しい行動が出来るんだ、という健全なメッセージもの。終盤にちょこっと歓声のSEが入って
あっという間に曲は終わってしまいます。

まったくの推測ですが、どこかのライヴで彼らを見かけたジョージ・カーが、メリー・メルみたいな
ポジティヴなメッセージものを演らせたらイイかも、と彼らをスカウトし、子分格のレジー・
グリフィンに3日ぐらいでトラックを作らせて録音した、という感じ。メンバーたちのラッパーと
しての技量はけっして悪くないのですが、今いちショボい音と真面目すぎる詞の内容がネックで
殆ど話題にならないまま終わってしまった、というところでしょうか。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
クロい音楽全般が好きなのですが、 ここではエレクトロとオールド・スクールの アナログ盤に絞って紹介していきます。

KDMX

Author:KDMX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。