スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

We Rock Krew "Rockin Fresh" (Phoenix Records & Film Works JC 003) 1983

werockkrew.jpg
ウイ・ロック・クルーは'83年にこのシングル一枚だけを残しているグループ。
メンバーは作曲者にクレジットされている4名だと思われるのですが、経歴等は
全くわかりませんでした。レーベル所在地やレコーディング場所がメリーランド州なので、
そちらを拠点にしているのだろうとは思います。

スタッフの中で経歴がわかるのはプロデュースとミックスを担当している
ジェラルド・ロビンソン。彼は'60年代半ばからクリケッツやジェイ&ジ・アメリカンズ
等のプロデュースを行っているベテランで、'80年代に入ってからはスウィート・
ソウル系のニューモニックス(Numonics)等も手掛けています。フェニックス・
レコーズというこのレーベルは、3枚出ているシングル全てジェラルドが
プロデュースしているところからして、彼がオーナーなのかもしれません。

DMXがミディアム・テンポのビートを刻み、手弾きのエレクトリック・ベースが
スラップを聴かせる中で、2人の男性がオールドスクールなファンキーな掛け合い
ラップを聴かせます。途中からリズム・ギターやスクラッチも薄く重ねられ、
ファンキー度が徐々にアップ。二人のラップは少々いなたくもありますが、
オールドスクールを意識したオーソドックスなスタイルがカッコ良い。終盤に
ちょこっとだけリズム・ギターがソロを取る部分を除いて、ほぼ全編で
二人が自分たちの男前ぶりをアピールしており、この点でも彼らはMC中心の
グループであろうと思われます。

レーベル所在地のボルチモアはNYとワシントン・DCの中間ぐらいに位置している都市で、
それ故微妙に流行が遅れてこういう音になっているのかなと思います。ドラムのみが
エレクトロな音であとはオールド・スクールそのまんま! DMXのハンド・クラップ音も
目立っているし、個人的には大好きなんですが...


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
クロい音楽全般が好きなのですが、 ここではエレクトロとオールド・スクールの アナログ盤に絞って紹介していきます。

KDMX

Author:KDMX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。