スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D.W. And The Party Crew"Freaky Lover"(Party Crew DW 131)1985

dwandpartycrew.jpg

D.W.アンド・ザ・パーティ・クルーはカリフォルニアのサンタ・バーバラを
拠点に'80年代半ばを中心に活動していたプロデューサーのデイヴィッド・E.
ウィリアムズによるグループ。"Freaky Lover"は彼らのデビュー・シングル
です。

デイヴィッドの経歴は全く不明...'85年に自身のレーベル、パーティ・
クルー・レコーズを設立し、傘下のレーベルも含めて'85~'87年の3年間だけで
20枚以上のシングルを発表しています。基本的にはエレクトロ/ヒップホップ系の
作品が主ですが、インディ・ソウル・ファンにはおなじみのカリフォルニア・
エグゼクティヴス
のシングルに関わったり、'90年代にはベース・ミュージック系
女性ラッパーのMCルーシャスを売り出したりしています。サンタ・バーバラは
黒人の比率が低い(人口の1.77%)街らしいので、ブラック・ミュージックに関わる
人のサークルも小さくて、その辺の仕事はなんでもこなすような人なのかも
しれません。

作曲/アレンジ/プロデュースはデイヴィッド自身。コ・プロデュースのルイ・
スティーヴンス、エグゼクティヴ・プロデューサーのチャールズ・デファツィオも
他に関わっているレコードが殆ど見当たらないナゾの人物です。

スタートと同時にDMXがアップ・テンポのビートを刻み、一音のみを繰り返す
シンセ・ベースとオルガン風のシンセがウネり、スクラッチがシュワシュワと
アクセントを付けます。つづいてちょっとラリったような声質の男性ラッパーが
登場し、エジプシャン・ラヴァーそっくりに抑揚をつけながらセックス中毒の
男の話を語っていきます。ブレイク部分ではピッチ変更した声が"F-F-F-F-Freaky"等と
繰り返されますが、その後ラッパーが戻ってきて「壁に押し当ててやるのがイイ」だの、
「こんな声を出すんだ...ハッハッハッハア...」等とプレイの内容を細かく語って
いきます。終盤はスクラッチ/「ハー・ハー」声/ラップが三つ巴で絡み合い、
妖しさ満点のままフェイド・アウトします。

ミッドナイト・スターの"Freak-A-Zoid"をチープにしたようなトラックに、
エジプシャン・ラヴァーをモロに意識した(詞の内容も)ラップをのせたエロ万歳な曲。
パクリだけで一丁上がりという感じですが、音の感触が気持ちよく、なかなか
悪くない、と思ってしまいます。フレズノ出身のマトリックス等と同様に、
中心部からちょっと離れた土地ではこんな感じで流行が伝播していくんだなぁ...と
納得しました。

デイヴィッドの活動は'90年代初頭で途絶えてしまうのですが、'90年代半ばの
ブラジルでバイレ・ファンキ経由で古いUS産エレクトロの人気が高まり、中でも
彼がプロデュースしたマジック・トリックの"Oh! Oh! Fly Guys"('85年作)がやたらと
現地でプレイされて、オークション等でのこの盤の相場が高騰するという現象が
ありました。曲自体はブギー・ボーイズの"A Fly Girl"のアンサー・ソング
なのですが、随所に入る女性の"Fly Guys,Fly Guys, Oh! Oh! Fly Guys"という
エッチぽい声がパーティ好きのブラジリアンにはピッタリだった(?)ようです。



スポンサーサイト

Whodini"The Haunted House Of Rock"(Jive JD 1 9026)1983

whodinihaunted.jpg

"The Haunted House Of Rock"は'83年にリリースされた、フーディニの
通算5枚めのシングル。彼らの経歴に関してはデビュー曲の"Magic's Wand"
際に書いたので、そちらをご参照ください。

デビューからここまでの彼らは、トーマス・ドルビー、ロイ・カーター(
元ヒートウェイヴ)、コニー・プランクと、非アメリカ/非ヒップホップ畑の
プロデューサーとばかり組んできたのですが、今作をプロデュースしているのは
ウィルスデン・ドジャース。彼らもロンドンのバッテリー・スタジオを拠点に
活動する白人コンビでした。

今作はジャケットからもわかるように、ホラー風味を音/詞に盛り込んだもの。
前年のメガ・ヒット、マイケル・ジャクソンの「スリラー」の影響もあるかと
思いますが、彼らはグループ名からしてマジシャンのハリー・フーディニから
取っているし、そういうファンタジー/ホラー的な味付けは元々の持ち味なのでしょう。
ホラーと言っても本気で恐ろしい感じではなく、遊園地の書き割りでも見ているような
軽いノリで、幽霊屋敷の中でラップしたり、踊りまくってパーティだ!!といった
感じの内容を語っています。

また、彼らはデビューのきっかけを作ってくれたラジオDJのミスター・マジックからの
影響を公言しているのですが、もう一人師匠と崇める存在なのがプロデューサーの
ケントン・ニックス。ターナ・ガードナーの「ハートビート」やグウェン・マクレーの
「ファンキー・センセーション」の作者として知られるディスコ畑の人物ですが、
彼から「ライムの内容は出来るだけシンプルにした方がいい」とアドバイスをうけて、
それを守った結果ヒットを出すことが出来たと信じているとのこと。この曲の詞には
ジキルとハイド、アダムス・ファミリー等さまざまなモンスターが登場するのですが、
そのうちの一人インヴィジブル・マンというのはニックスのことを言っているのだ
そうです。

冒頭はドラマ仕立てで、道を歩いていく足音が横切り、雷鳴やカラスの鳴き声が聞こえる
中、屋敷のドアを開けるとモンスターの低いうめき声が聞こえ、つづいてパーカッションと
シモンズ・ドラムがミディアム・テンポのビートを刻みはじめます。ファズのかかった
シンセが太いベース・ラインを弾き、デジタル・シンセがおどろおどろしいリフを
繰り返します。その2種のシンセが抜けるとラッパーが登場し、不気味感を煽る
ストリングスとファンキーなエレクトリック・ベースをバックに屋敷の内部の様子を
語っていきます。さらにそこでのモンスター達のパーティの模様をひとしきり語った
ところでドラムとパーカッションのブレイクへ。ダブ処理されたモンスター達の叫び声が
現れては消え、盛り上がったところで再びラップへ。その後はMC二人が屋敷から逃げ出す
様子が寸劇風に語られ、SEと共にフェイド・アウトしていきます。

ホラーと言ってもどこかお子様向けのユルさがある感じで、エレクトロ好きからは
B面のヴォコーダー・ヴァージョンのほうが人気があるようです。こちらはラップが入らず、
代わりにヴォコーダーが"It's Just What You Wanted, Somethin' Funky and Haunted..."等と
繰り返すだけなのですが、お化け屋敷にロボットが迷い込んだようなまがまがしさが
味わえます。

彼らのイギリス/ヨーロッパ録音によるシングル・リリースはこの曲で終わり、この後は
ラリー・スミスにプロデュースを委ねることになるのですが、R&B寄りのポップで
メロディアスな音作りは一貫していて、ミスター・マジック/ケントン・ニックスの
教えを守り続けているのだなあと思ってしまいます。






ヴォコーダー・ヴァージョン




Davy DMX"The DMX Will Rock"(Tuff City TUF 120003)1986

davydmxwillrock.jpg

"The DMX Will Rock"は'85年にリリースされた、デイヴィDMXのソロ名義では
2枚めになるシングル。彼の経歴については以前"One For The Treble"
取り上げた際に詳しく書いたのでそちらを参照してほしいのですが、
オレンジ・クラッシュのメンバーとして活動した後のことを今回は
少々詳しく書いてみます。

オレンジ~の面々が徐々に単独での活動にシフトしていった頃、デイヴィは
カーティス・ブロウとの繋がりを強めていきます。ブロウがプロデュースした
ファット・ボーイズの最初の2枚のアルバムや、フィアレス・フォーの
"F-4000"
等でトラックの演奏部分を担当。当時のブロウの関連作で聴ける
特徴的な重低音ドラムはデイヴィが担っていたことがわかります。
その後ブロウのDJだったクール・DJ・A.J.が辞めたのをうけて、デイヴィは
ブロウの専属DJ兼ギタリストに収まり、彼のアルバム"America"では
大半の曲のドラム・プログラムを担当。そちらでの仕事を主軸に置きつつ、
自宅では4トラックのレコーダーに自作のデモを録音して、ソロ・デビューの
チャンスをうかがっていました。

ソロではアーロン・フュークスのタフ・シティ・レコードと契約し、同レーベル
ではまずスプーニー・ジーの"The Big Beat"を制作。つづいて自己名義の
"One For~"を'84年に発表します。翌年は"America"の制作で忙しい中、
ギター/ドラム・マシン/シンセ/スクラッチ等の演奏部分を全てひとりで
作り上げたのが今作です。

単音のシンセ・ベースがボボボ・ボン・ボ・ボンとリズミックなリフを弾き、
その音とユニゾンでヴォコーダーが"The DMX Will Rock,Into The Beat
Get Up"と間断なく繰り返します。同時にDMXがミディアム・テンポのビートを
刻み、ハード・ロック風のギターやスクラッチがアクセントを入れます。
1分ほどその流れが続いた後、2種類のホーン・シンセがメインのメロディを
弾き始めるのですが、そちらもミニマル風なフレーズを繰り返し、ヴォコーダーと
交代で現れて盛り上げていきます。終盤にドラム・ブレイクが入り、そこに
ヴォコーダーとスクラッチが加わって、掛け合うようにフレーズを繰り出しながら
フェイド・アウトします。

2曲めには同曲のラップ・ヴァージョンが入っているのですが、ドラム以外は
ほぼ別の曲と言ってもいいぐらいシンセ/ベースのフレーズが変わっています。
ラッパーは女性のスウィート・Tとアイヨニ・J(Iyoni J.)。二人がラン=DMC風に
掛け合いを繰り返し、サビではポップなメロディを唄っていて、ヒップホップ・ソウルの
はしりとでもいえそうな音に仕上がっています。オリジナル・ヴァージョンは
ヴォコーダーの無機質な感覚が強調されたエレクトロ・オタク(笑)向け、
ラップ・ヴァージョンは女子ウケも良い一般向けといったところでしょうか。
前者のほうは"One For~"と基本的な音作りは殆ど同じで、ちょっと色を付ける
というか、違いを出したくてこういう作りになったのかもしれません。

この後のデイヴィは、ブロウの活動停滞に伴ってソロでの仕事が増え、名前も
デイヴィ・Dと改めてデフ・ジャムと契約。ソロ・アルバム"Davy's Ride"を
発表したり、ラン=DMCや(元の仲間ソロ・サウンズが改名した)アフロスの
プロデュースを行ったりしています。

今回の原稿は"The Foundation"のインタビューも参考にしたのですが、控え目な
方らしく、質問には必要最小限の答えをボソッと返す感じであまり面白くない...
いかにも裏方、音ひと筋のトラック・メイカーという印象でした。






ラップ・ヴァージョン





Afrika Bambaataa And Family"Bambaataa's Theme/Tension"(Tommy Boy TB 879)1986

bambaataastheme.jpg

"Bambaataa's Theme"は'86年にリリースされた、アフリカ・バンバータの
トミー・ボーイでは通算8枚目になるシングル。前作"Funk You!"から
名義は「アフリカ・バンバータ&ファミリー」というクレジットに
なっています。

バムのそれまでのエレクトロ・サウンドを形作ってきたアーサー・ベイカーとの
タッグは'84年の「フランティック・シチュエイション」をもって解消していた
のですが、同年のシングル「ユニティ」でバムとジェイムズ・ブラウンが
共演したり、「サン・シティ」のプロジェクトへの参加等で一般的な認知度は
上がっていました。いっぽうでラン=DMCがポップ・チャートでも大ヒットを
とばし、L.L.クール・Jビースティ・ボーイズ等のデフ・ジャム勢がつぎつぎと
デビューして話題になっていた時期。ファッツ・コメットと共演した"Funk You!"は
セールス的には惨敗で、もういちどオリジネイターとしての凄みや存在意義を
アピールしたい、それには「プラネット・ロック」のようなエレクトロ・
サウンドで勝負するか...というような流れがあったと推測します。

今作でプロデュースにあたっているのは「フランティック~」でアシスタント的な
ポジションだったレイ・セラーノとリロイ・エヴァンス。レイについては
以前"B Boys Style"を紹介した際に詳しく書いたので省略します。リロイは
'56年NY生まれのキーボード奏者。'70年代からジミー・キャスター・バンチや
ブラス・コンストラクション等とセッションしてきたというベテランで、
R&B~ヒップホップ~フリースタイル~ラテンまで、幅広くレコーディングに
関わっています。また、エディット担当としてゲイル・キング(女性だとは
知らなかった...)、と"リトル"・ルイ・ヴェガが参加。この頃からエディットも
音楽を「作る」作業として認識されてくることを実感します。

今作は、前回紹介したジョン・カーペンターの"Assault On Precinct 13"
ベースにした曲。ほぼカヴァーといってもいいオリジナルに忠実なアレンジで、
作曲者のクレジットもカーペンターだけになっています。

派手なハンド・クラップ音が鳴り響き、ハイハットのチチチ・・・という音が
グルグル廻る中、ヴォコーダー・ヴォイスが曲名を唄い、ハンマー・ビートが
ドシバシと刻まれます。哀感を帯びたストリングスが薄く入り、その後ディレイの
かかったシンセとオルガンが原曲と同じリフレインを交互に弾いていきます。
4小節の終わりに"Bambaataa's Theme!"というヴォコーダーと"Rock!"という掛け声が
入る以外はインストで、要所でオーケストラ・ヒットがアクセントをつけつつ、
メインをとるシンセとオルガンがリフを繰り返したり、風のようなシンセ音が
グルグルと廻ったりしながらコーダになります。

起死回生を狙った曲の割には、ラップも入らず、それほどファンキーとも言えない
地味な内容です。バム本人はこの音に猛烈なファンク魂を感じたのかもしれませんが、
素人(私も含め)にはネタがマニアックすぎたと言うか...レーベル側もこれだけでは
マズいと思ったのか、このシングルは両A面扱いになっているのですが、その裏面の
曲"Tension"はR&B畑のエリック・カルヴィとポール・ペスコがプロデュースした
完全な唄もの路線の曲。重低音ビートは派手に響いているものの、これはこれで心配に
なってしまうおとなしい内容で、けっきょくこのシングルも不発に終わるのでした。

この曲を収録したアルバム"Beware (The Funk Is Everywhere)"まではアメリカ中心の
リリースだったのですが、以降のバムの作品はDFCやZYX等のヨーロッパのダンス系の
レーベルから発表されることになります。当時は「バムの時代は終わったな...」と
思ったものでした。



"Bambaataa's Theme"



"Tension"




John Carpenter"The End"(ZYX 5025)1983

johncarpenter01.jpg

ジョン・カーペンターは'48年ニュー・ヨーク生まれの映画監督。'70年代半ばに
カルト作「ダーク・スター」で長編監督デビューし、'78年の「ハロウィン」が
大ヒットして名声を確立、以降も「遊星からの物体X」、「ゼイリブ」、
「ゴースト・オブ・マーズ」等SF/ホラー系を中心に数多くの作品を発表し、
日本でも根強い人気を保っています。個人的にも、「遊星からの~」は好きな
映画ベスト10に入るぐらいのお気に入りの一本です。

彼は初期の作品では劇中で使用する音楽も自ら作曲/演奏することも多く、今作も
彼が映画用に作った曲をリメイクしたもの。なんでもプレスリーとビーチ・
ボーイズの大ファンでもあるそうで(アメリカの白人男性ど真ん中って好みですね...)、
音楽好きが高じてCoupe De Villesなるバンドでレコーディングも行っているようです。
ギター/ベース、キーボード/シンセを操り、プロデュースまで自ら行っているぐらい
なのでかなり本気ですね。

"The End"は'76年の監督2作め「要塞警察(Assault On Precinct 13)」の中の曲を
使用したもの。映画のほうはむかしTVで深夜に放映したのを見たことがありますが、
いかにも低予算という作りではありながら、緊迫感あふれる銃撃戦が闇の中で
繰り広げられるアクションで、なかなか面白い内容でした。

このシングルは、映画の公開から7年経った'83年に、何故かドイツのZYXレーベル
から唐突にリリースされたもの。日本では殆ど知られていないようですが、この曲は
エレクトロ・クラシックとして人気があり、たびたび話題になっていたようです。
オリジナル公開当時はサントラも発売されていなかったのに、映画自体がすっかり
忘れ去られた時期になって出るというのもすごいですね。前年に公開された
「ブレードランナー」のヴァンゲリスによるサントラの影響もあるのかもしれません。
じっくり聴き比べないとわからないのですが、音源は全く新たに録音したもので、
ドイツ人のラルフ・ヘニングスなる人物がプロデュース/演奏を担当しています。

スタートと同時にゲイト・リヴァーヴのかかったDMXがミディアム・テンポの
ビートを刻み、短くノイズ風のアクセントが入った後、原曲と同じ(カーペンターが
ツェッペリンの「移民の歌」のギター・リフから引用したという)シンセのリフレインが
鳴り響きます。つづいてシンセ・ベースがそれに呼応したフレーズを繰り返し、
更にその上を高音のシンセが同じフレーズを弾いていきます。何度かその流れが
繰り返された後、ドラム・ブレイク~ストリングス・シンセがソロを取るブリッジが
入り、その後は再び冒頭のリフが戻ってきて、わずかにアドリブぽく変調していきながら
インストのままフェイド・アウトします。

原曲ではペナペナのリズム・ボックスがビートを刻んでいたのですが、今作では
DMXのビートがドスドスと派手に響いていて、そこが「ディスコ・ヴァージョン」と
銘打つところなのでしょう。ヴォーカルも入らず、ダークなリフがひたすら続く
ミニマルな展開は単調にも思えますが、エレクトロ好きにはそこがツボなようで、
バンバータがシングルで引用(次回紹介します)したり、カール・クレイグや
ホアン・アトキンス等がたびたびプレイしたりしているそうです。






サントラのオリジナル・ヴァージョン




プロフィール
クロい音楽全般が好きなのですが、 ここではエレクトロとオールド・スクールの アナログ盤に絞って紹介していきます。

KDMX

Author:KDMX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。