スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2 Live Crew"What I Like"(Fresh Beat FBR 002)1985

2livecrew.jpg

2・ライヴ・クルーは'83年にLA郊外のリバーサイドで結成されたグループ。
一般的には「マイアミ・ベースのグループ」という印象が強い彼らですが、
スタートは西海岸なのでした。

結成時の中心人物はDJ・ミスター・ミックスことデイヴィッド・ホッブス。
リバーサイドの空軍基地に所属する兵士だった彼は、「プラネット・ロック」
プリティ・トニーのシングルに影響をうけ、「TR-808のキック・ドラムが継続する」
音楽を作りたくてグループ結成を決意。空軍を除隊してTR-808を購入し、従軍時の
仲間だったフレッシュ・キッド・アイス(本名Chris Wong-won)とアメイジング・
ヴィー(本名Yuri Vielot)をメンバーに誘います。

彼らは自らのレーベル、フレッシュ・ビート・レコーズを設立してデビュー・
シングル"The Revelation"を'84年に発表。この曲は「プラネット・ロック」の
影響が大なTR-808のビートとストリングス・シンセをバックに、後の彼らからは
想像出来ないようなポジティヴなメッセージを乗せた、西海岸マナーの
エレクトロ・サウンドでした。

デビュー曲のリリース後に、ホッブスはエジプシャン・ラヴァーのシングルに
目を留め、その曲が西海岸の大手インディ・レーベルだったマコラを通じて
ディストリビュートされていることを知って、自らもマコラと契約を結びます。
このおかげで流通がスムーズになり、彼らの曲も西海岸とアメリカ南部を中心に
徐々にセールスを上げていきました。

セカンド・シングルの"What I Like"がリリースされた'85年ごろ、マイアミで
コンサートのプロモートを行っていたルーサー・キャンベルは、"The Revelation"の
B面の収録曲"2 Live"の詞に注目。自らパーティを行う際に「スター・ウォーズ」の
キャラクターから拝借した「ルーク・スカイウォーカー」を名乗ってDJをしていた
彼は、「ルークのように俺もフォースの力を得た...」という詞に感激して、
メンバーをマイアミでのパーティに招聘します。

ライヴは大成功に終わり、本格的に彼らに入れ込むようになったルーサーは
彼らの為に新レーベルを設立するすることを提案。条件としてマイアミの流行に
沿った音作りをすること、またプロモーションも南部中心に行われることが
提示されました。ここでアメイジング・Vはグループを抜け、いったんLAに戻った
メンバーはルーサーの希望に沿う音でサード・シングル"Trow The D/Ghetto Bass"を
制作。この曲は新レーベル「ルーク・スカイウォーカー」からリリースされ、
思惑通りにマイアミ周辺でヒットを記録します。ホッブスは同レーベルに
プロデューサーとしても雇われることになり、もう一人のメンバー、フレッシュ・
キッド・アイスと共に彼らもマイアミへと移住することになるのでした。

その後はMCが一人ではライヴが盛り上がらないのでホッブスが旧友のブラザー・
マーキス(マーク・ロス=元コウション・クリュー)を呼び寄せ、更に当初は
マネージャーに留まっていたルーサーが徐々にライヴにも参加するようになって
しまいには正式メンバーとなり...といった流れを経て、我々にもおなじみの
「マイアミ・ベースの2・ライヴ・クルー」が形作られていくのでした。

後の部分を先に書いてしまいましたが、今回取り上げる"What I Like"は彼らが
西海岸の3人組だった頃の'85年に発表されたセカンド・シングル。プロデュースは
メンバー自身、トラックはホッブスが制作し、詞はMCのふたりが書いています。

アカペラのラップからはじまり、ガヤが入ったところでTR-808のビートがスタート。
スクラッチでプレジャーの"Celebrate The Good Things"がコスられる中、
フレッシュ・キッド・アイスが「オレの好きな」パーティの模様をラップして
いきます。サビではチープな音色のヴォコーダーがタイトルを連呼し、ホッブスが
派手にスクラッチを繰り返します。その後はアイスのラップ~サビの流れが
繰り返され、終盤は"Funkbox Party"~ヒューマン・ビート・ボックス~「プラネット・
ロック」~"Change The Beat"等が次々とスクラッチされて終わります。

T・ラ・ロック&ジャジー・ジェイの"It's Yours"の影響が大な音ですが、ホッブスの
スクラッチも見事で、B面は彼のスクラッチを前面に出したミックスになっています。
マイアミ・ベースというとTR-808のビートと下ネタのラップばかりが注目されますが、
派手なスクラッチで次々に曲を繰り出す作りもマゴトロンダイナミクス・IIあたりに
受け継がれているわけで、そういう面でも彼らはマイアミ・ベースのオリジネイターと
言っていいのかもしれません。




"スクラッチ・ヴァージョン"





スポンサーサイト

Daniel Sofer"One Hundred Speakers"(Saturn SAT 2008)1984

100speakers.jpg

"One Hundred Speakers"は'84年に発表された、ダニエル・ソファー
アンノウン・D.J.、ドクター・ドレの3人によるコラボ・シングル。
各々の経歴に関しては上記リンクを参照して下さい。

こちらのインタビューでこの曲のレコーディングの経緯が話されているのですが、
サターン・レーベルのオーナーのクレタス・アンダーソンと知り合ったダニエルは、
クレタスの依頼でまずアイス・Tのデビュー・シングルのレコーディングに参加。
クレタスはこの曲を気に入り、続いてトリプル・スレット・スリーの曲でも
演奏を手掛けます(ただしクレジットは無し)。さらにダニエルはアンノウンDJを
紹介され、オーバーハイム社のスタジオで彼のスクラッチを初めて生で見たダニエルは
感嘆して今作をレコーディングすることにします。(ダニエルが開発に携わっていた)
DMXのドラムとOB-8のシンセのみをバックの演奏に使用した"raw"な環境で作られた
とのこと。ドレはアンノウンからの紹介で参加したそうです。

以前書いたように、この曲はトリプル・スレット・スリーのシングルとリズム・
トラックが酷似しています。その割に録音したスタジオやエンジニアが微妙に
違うのですが、ラップやスクラッチ等の上モノだけ別録りしたという
ことなのでしょう。この曲に関しては、アンノウンが主にラップを、ドレが
スクラッチを担当しているようです。

DMXがビチビチと金属的なビートを刻み、すぐにスクラッチも加わって
シュワシュワとコスられます。30秒ほどスクラッチのソロが続いた後、
男性がラップを開始。1小節のリフを繰り返すトラックをバックに、よどみなく
ラップを聞かせます。「スクラッチがリズムを作り、皆をロックさせる~」
といった話を繰り返した後ブレイクへ。女性の"Why?"という声が繰り返し
スクラッチされ、その後はドラムが重低音化したり、スネアがSE的に鳴る等、
DMXとOB-8のデモンストレーションのようなソロがつづいて終了します。

イントロ部分のスクラッチは、使用しているレコード(ファブ・ファイブ・フレディ
"Change The Beat"
)やリズムの刻み方がハービー・ハンコックの"Rockit"
明らかに意識しており、ドレも最初はDSTのテクニックをお手本にしていたのかなあと
思います。曲自体は早いBPMに単調なトラック、ラップもせかせかしているだけで
あまり印象に残らず...西海岸エレクトロの助走的な1枚、といったところでしょうか。






Hashim"Primrose Path"(Cutting CR 207)1986

hashimprimrose.jpg

前回のマトリックスの際にハシムの"Al-Naafiysh"を引き合いに出したのですが、
リンク先の彼の経歴があまりにあっさりしたものなので我ながらビックリ...
まああの記事はブログを始めたばかりで、構成とかを全く考えずに書いていた頃
なので、当時調べられた限りの内容ではあるのですが...という訳で今回は
こちらこちらのインタビューを元にもう少し詳しく書いてみたいと思います。

ハシムことジェリー・キャリステ・Jr.(正確にはGerald C. Calliste Jr.)は
'65年にNYのブロンクスで生まれ、12歳の頃からクラブでDJを行っていました。
その後高校に入学して様々な人と出会ったり、自ら多くの宗教書/哲学書を
読み漁るうちにイスラム教に開眼し、ムスリムに改宗して自らの芸名を
Hashim(アラビア語でDecisive-決定的な、明確な-の意)と名乗ることにします。
当時彼とよくツルんでいたのが後にインペリアル・ブラザーズのシングルで
共演することになるDJのウィズ・キッド。二人は自室でラジオを聴きながら、
流れた曲のコードを聴きとる競争をよくやっていたそうで、この遊びを
繰り返しているうちにハシムは自然とキーボードの演奏に習熟していった
とのこと(スクラッチの腕前はウィズ・キッドのほうが上だったとか)。

その後ハシムは当時4人しか社員の居なかった新興レーベル、トミー・ボーイで
掃除人として雇われ、音楽業界に興味津々だった彼は掃除以外の雑事も手伝う
ようになります。同レーベルからデビューしたばかりだったソウルソニック・
フォース
ジョンザン・クリューの垂れ幕を自宅のシーツに手書きして持って
いったりもしたそうです。そうしているうちに新譜のレコードをくまなく耳にし、
多数のクラブにも出入りして、流行りの音楽の動向にも詳しくなっていきました。

17歳になった頃、ハシムは50ドルで買ったカシオのキーボードとリズム・マシンで
頭の中に流れる音(とイスラム思想も?)を表した"Al-Naafiysh"のデモ・テープを
制作。トミー・ボーイでは認められなかったものの、高校の2年先輩だった
アルド・マリンが設立したカッティング・レコードが興味を持ち、スタジオで
再レコーディングを行って、カッティングの第一弾シングルとしてリリースされます。
同曲はすぐに大ヒットとなり、レーベルの運営も軌道に乗って、ハシムは
カッティング・レコードの共同経営者としても迎え入れられることになります。
同レーベルで自己名義の作品もリリースする一方で、インペリアル・ブラザーズや
ハイ・フィデリティ・スリー等のシングルのプロデュース/アレンジを手がけました。

"Primrose Path"は、彼のそんな活動が最も勢いに乗っていた頃の'86年にリリース
された、ソロ名義では3枚めのシングル。曲のタイトルはシェイクスピアからの
引用で、「歓楽の道、快楽の追求」のような意味らしいです...作曲/アレンジ/
プロデュースはハシム自身ですが、演奏には「The Force」とクレジットされた
5人のミュージシャンが参加しています。

「真に賢明な人間だけが暗黒の力を手に入れることが出来る...(Only The Truly
Wise Ones Can Become The Power Of Darkness!)」という意味深な
ナレイションから始まり、生演奏とTR-808の打ち込みを併用したドラムが
アップ・テンポのビートを刻みます。ストリングス・シンセとリズム・ギターが
鳴り、ラジオ・ヴォイス風に加工された男性の声で曲名が連呼され、さらに
日本語で「南無妙法蓮華経」と繰り返されます。つづいて手弾きのエレクトリック・
ベースが太くウネるソロを取り、このベース/曲名/「ナンミョー」が交代で登場して
曲が進んでいきます。ところどころでTR-808のビートやリズム・ギターがアクセント
を入れながら曲はベースを中心に進み、終盤はベース/ギターがアドリブでソロを
取っているところでスパッと終了します。

打ち込みリズムやシンセ類を使いつつも、生楽器を大きく取り入れてダイナミックな
音を作るのが今作の狙いなのかと思います。曲のテーマは宗教的/文学的なのに、
音のほうはベースの低音が腰にくるゴリゴリの肉体派なのがこの人らしい。けっきょく
アルバムは一枚も発表しなかったけど、エレクトロにクロいノリを持ち込んだ彼の
作品は忘れられません。





Matrix"It's Time To Rock"(Jam City JC 200)1987

matrix.jpg

マトリックスは'80年代後半に2枚のシングルを残した西海岸のグループ。
メンバーはリーダー格のデメトリウス・フォード(Demetrius Ford)、
クール・ロック・ジェイことL.ラムジー(L. Ramsey)、DJ・スライスこと
モー・ブラウン(Moe Brown)の3名です。

メンバーの詳しい経歴はわからないのですが、デメトリウスはこの他
ソロでDJマトリックスを名乗って2枚のシングルを、残りの二人は
デュオでやはり2枚のシングルを残しています。レーベルのジャム・シティは
西海岸のフレズノ(LAとサンフランシスコの中間の辺りにある街)にあった
サウンド・コネクションというレコード店のオーナー、アラン・フランコが
設立した会社。このシングルは同レーベルの第一弾リリースになります。

この曲は'87年にリリースされた彼らのデビュー・シングル。クレジットは
作曲/アレンジ/演奏/プロデュース全てがグループ全員の名義になっていますが、
メインで仕切っていたのはデメトリウスではないかと推測します。

重低音の効いた打ち込みのドラムがビシバシとタテノリのビートを刻み、
ヴォコーダーがシンセとユニゾンのメロディで曲名を連呼します。つづいて
ホーン・シンセが哀感を帯びたテーマを4小節繰り返した後、再びヴォコーダーが
現れて曲名を連呼します。このシンセのテーマ~ヴォコーダーの流れがもう何回か
繰り返された後ブレイクに入り、曲名連呼のヴォコーダーのフレーズに
エディットが施されて"It's, It's, It's Time Rock Rock"と連打するように
繰り返され、更にDMXのハンドクラップ音が1分ほど連打されてカッカッカッ...
という火花のような音が続きます。その後はヴォコーダーのソロに戻り、
全米各地の都市名+「ロックする時間だぜ!」と煽るアドリブが入り、さらに
オーケストラ・ヒットと掛け合うように唄って終わります。

ハシムの"Al-Naafiysh"を下世話に派手にしたようなヴォコーダー・ファンク。
ビートの感覚がどこかロック的で、だからこそこの曲名なのかもしれません。
DJマトリックスのシングルを聴いてみると、こちらはキャメオの「ワード・アップ」
を下敷きにしたようなトラックになっていて、やはりダンス・ミュージックに
ロックのビート感覚を持ち込んだ作風です。写真等が見つからないのですが、
デメトリウスはこの辺からしておそらく白人。LA等の都市よりもちょっと
流行遅れ気味ながら、「俺がこの曲でフレズノを盛り上げてやる!」的な気概も
感じる1枚です。個人的にはハンドクラップの連打部分にやられました。






Maggotron Crushing Crew(M.C.C.)"Bass Rock The Planet"(Pandisc PD 019)1986

maggotroncc.jpg

マゴトロン・クラッシング・クルー(以下MCC)はマイアミの怪人ジェイムズ・マコーリーが
手掛けたプロジェクトのひとつ。ジェイムズの経歴は以前マゴトロンのシングルを
紹介した際のものを参照してほしいのですが、訂正がありまして、彼らの作品で
よく使われているDJデボネア/クラウディオ・バレッラというのはジェイムズの
別名義ではなく、実在する人物でした。前回書いた時はDiscogsの"Alias(別名)"の
項目に入っていたのに、今回改めて見ると分かれていて、調べてみるとちゃんと
ご本人のMySpaceまであったという...クラウディオはイタリア系の白人男性で、
主にDJとしてレコーディングに参加、現在はデボネア・レコーズという自身の
レーベルで作品を発表しています。

MCCはジェイムズのほか、DJのホセ・マーティンとカルロス・エスピノーザから
成る3人組。マゴズルー・トゥー(Maggozulu Too)という別名義も持っています。
ジェイムズが重きを置いて活動していたマゴトロンとMCCとの違いは、おそらく
レーベルが違うからという部分のみ。ジョージ・クリントンが、自身のグループを
カサブランカからはパーラメント名義で、ウェストバウンドからはファンカデリック
の名義で出していたのと同様に、多作型のジェイムズは色々なところから作品を
出したかったのでしょう。MCCが所属していたパンディスク・レーベルは、マイアミ
周辺のインディでは一番の大手ですし...

"Bass Rock The Planet"は'86年にリリースされた、MCCとしてのデビュー・シングル。
マゴトロンは2年前の'84年から活動しているので、大手のディストリビューションに
乗せると(売上やプロモーション等が)どのぐらい違うか試してみたかったのではないかと
思われます。上に書いたホセとカルロスの二人のDJはまだ参加しておらず、作曲/
アレンジ/プロデュースはデミトリウスことジェイムズがひとりで行っています。

ヴォコーダーがクラフトワーク「ヨーロッパ特急」まんまなメロディで
"Bass! Rock! Express!"と唄い、DMXが細かくビートを刻んでスタート。シンセ・ベースが
ファンキーにうねり、ストリングス・シンセはオリエンタル風なフレーズを繰り返します。
"Stupid Rappers! Stupid! Stupid!"と罵倒するナレイションが左右のチャンネルから
繰り返し流れる中を、ヴォコーダーが唄って曲が進んでいきます。その後男性(ジェイムズ?)が
ラン=DMC風にラップを始め、ダギー・フレッシュ、カーティス・ブロウ、リサ・リサ&
カルト・ジャム等をつぎつぎと槍玉にあげていき、サビではヴォコーダーが曲名を
連呼します。その後ターゲットはマイアミのラッパー達に移り、フリースタイル・
エクスプレス
等をこき下ろした後、ドラム・ブレイクへ。更にMCシャイ-DやMC-A.D.E.等
後進のマイアミ勢も貶した後、最後に「俺たちマゴトロン、俺らだけが最高」といった
セルフ・ボーストで終わります。

これはジェイムズ版"Sucker M.C.'s"みたいなもので、コケにしているようでいて実は
敬意をはらってライバル視、ノリは格闘技のマイク・パフォーマンスや漫画の
バトル展開みたいなものでしょう。曲調はエイモス・ラーキンスの"Rock The Planet"
そっくり、ラップのスタイルはラン=DMCを意識、というように罵倒相手を真似ている
わけですし。最初の頃はみんな同じに聞こえていたマイアミのエレクトロ/ベース・
ミュージックも、だんだんと個性や音の違いが見えてきて面白く聴こえるように
なってきました(汗)。






プロフィール
クロい音楽全般が好きなのですが、 ここではエレクトロとオールド・スクールの アナログ盤に絞って紹介していきます。

KDMX

Author:KDMX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。