スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Singing MC Breeze"Another Sad Song"(Breeze Records DM 86007)1986

singingmcbreeze.jpg

シンギング・M.C.ブリーズはフィラデルフィアで'80年代半ばから
現在まで活動を続けるジョーイ・B・エリスによるプロジェクト。
このシングルは彼のデビュー作になります。

詳しい経歴は不明('02年に自伝的な映画"Philly Boy"を発表して
いるのでそれを見ればわかるようですが)なのですが、ピザの宅配業で
稼いだお金で'85年に自身のレーベル、ブリーズ・レコーズを設立し、
今作を発表。'80年代いっぱいまではMCブリーズ名義でシングルを
数枚リリースするのですが、'90年代に入るとMCハマーに接近して
彼のレーベル、バスト・イットと契約。本名で同レーベルに
プロデュース/アレンジ作を数曲残しています。その後は
フィラデルフィアに戻り、インディながら細々と活動しているようです。

このシングルはメインの楽曲はA面の"Another Sad Song"だったのですが、
B面2曲めの"Discombobulatorbubalator"のほうが中国系アメリカ人に
対して差別的な表現をしている(中国人は猫や犬も調理して食べて
しまうんだ、というくだりがあるらしい...)とのことでセンセーショナルな
話題を呼び、ラップのレコードとして初めて放送禁止の処分を食らった
ものになったとのこと。本当に初なのかどうかはマユツバですが、
この後ラップのレコードがストレートで率直な物言いに進化していく
ことを考えると、ある種先鞭をつけたものだとは言えるのかもしれません。

その一方で彼は芸名通り唄うこともウリにしていて、ハードなヒップホップの
トラックにポップな唄をのせた曲も多いです。その辺が芸風のかぶるハマーに
気に入られるところになったのかも。

今作の作曲/プロデュースはブリーズ自身。スクラッチ担当としてDJの
ハンド・マスター・フラッシュが参加しています。

"Another~"はミディアム・テンポのTR-808のビートにタメの効いたシンセ・
ベースとふんわりしたストリングス・シンセが絡み、その上をブリーズが
唄いあげるラブ・バラード。多重録音のコーラスやファルセットも使い、
露骨な表現やラップは一切入らない甘い曲。

B-1の"It Ain't New York"は「NY産のラップがサイコー」と語る女性に対して、
「ここはフィリーだ。(俺たちのヒップホップが)どこで始まったか教えてやるよ」と
説き伏せる曲。TR-808とシンセ・ベースの粗いビートにのせて、2人のラッパーが
ラン=DMC風に掛け合いを聴かせます。サビではチープなシンセとユニゾンで
曲名を唄い、終盤には"Phil-Phil-Philadelphia"とコスるスクラッチや
下手なヒューマン・ビート・ボックスも聴こえてきます。

問題の(?)"Discombobulatorbubalator"は、ファンカデリックの"You'll Like
It Too"のドラムとTR-808を組み合わせたビートをバックに、自宅のそばに住む猫や、
ダメな隣人、中国系アメリカ人の生態などを次々と語る曲。サビで突然
「ヤクヤクヤクヤクヤヤックヤーッ!!」と絶叫したり、デタラメな
チャイニーズ・イングリッシュを繰り出す等メリハリが効いていて面白いです。
アジア人としては少々複雑な気分になる内容ではありますが、アップ・テンポの
この曲がいちばんウケが良かったというのもわかる気がします。

デビュー作なので持ち札を全部並べたようなところもあるのでしょうが、
曲によって雰囲気が全く違い、同じ人の作品とは思えないようなつくり。
この後の活動ぶりを見てみると、唄ものがいちばん得意だったようですが...



"Another Sad Song"



"It Ain't New York"



"Discombobulatorbubalator"




スポンサーサイト

Junior Gee & The Capital Boys"Check Us Out"(Tai Wan TWD 1948)1984

juniorgee.jpg

ジュニア・ジー&ザ・キャピタル・ボーイズは'84年にこのシングル1枚だけを
残したグループ。キャピタル・ボーイズとの連名ではこれのみですが(ジョン・
ピールの番組のセッションに未レコード化の曲が数曲あり)、ジュニア・ジーは
ソロで多数のレコーディングを行っています。

ジュニア・ジーは本名をポール・セヴィア(Paul Sevier)という白人男性ラッパー。
'65年にロンドンで生まれ、10代半ばからクラブに出入りしてはパフォーマンスを
披露して注目を集め、16歳で早くもレコード・デビューします。そのシングル
"Caveman Rock"をリリースしていたマスター・ファンク・レコーズは、UKの
DJ/プロデューサーのトニー・ウィリアムズ(アメリカのジャズ・ドラマーとは別人)
が設立した会社。同レーベルはトニーを中心としたスタジオ・ミュージシャンによる
ファンク・マスターズというグループのシングルを多数リリースしているのですが、
"Caveman~"もファンク・マスターズが演奏するトラックに、ポールのラップを
乗せたものでした。

"Check Us Out"は翌'84年に発表されたセカンド・シングル。レーベル名が変わって
いますが実はこちらもオーナーは同じトニー・ウィリアムズで、アレンジ&プロデュースも
彼が担当しています(A.W.ウィリアムズは彼の変名)。キャピタル・ボーイズは
DJアンバサダー、DJスクラッチ、DDの3名。彼らは他の作品でのレコーディング歴が
見当たらず詳細は不明ですが、アンバサダー/スクラッチの2人は(名前に反して)
ラップ/ヴォーカルを担当し、DDがスクラッチを行っているとのこと。録音&ミキシング・
エンジニアのマーク・ルサルディはセックス・ピストルズ/PILからON-U関連、シェイメン、
ジャー・ウォーブル等も手掛けるUK産ダブの重鎮です。

スタートと同時にリン・ドラムがアップ・テンポのビートを刻み、2小節のフレーズを
繰り返すエレクトリック・ベースとホーン・シンセがアクセントを付けていきます。
"You Better Believe"等と軽く唄った後、3人がラップをスタート。ワルっぽく掛け合いで
絡みながら盛り上げていきます。ファンキーなリズム・ギターやシンセ類も加わり、
それらにところどころでダブ処理が施されながら掛け合いラップがつづき、
サンプリングされた"B-B-B-Break"の掛け声と共にブレイクへ。US産だとここで
ドラムのみに抜けることが多いのですが、こちらはラッパー達が消えたのみで
バックの演奏類は継続しています。その後はラッパー達のソロ・パートへ移り、
DJスクラッチ~ジュニア・ジー~DJアンバサダーの順に喋ります。声質から
察するにジュニア以外の二人は黒人のよう。その後はダブ処理されたシンセのソロや
アドリブでのラップがつづき、フェイドせずにスパッと終わります。

3人が曲名の"Check Us Out"という文句を中心に同じ言葉を繰り返し、掛け合って
盛り上げていくというスタイルはトレチャラス・スリーの影響を感じさせます。
打ち込みやシンセ類も使っていますが、まだエレクトロ感は希薄で、シュガーヒル辺りを
意識したディスコ寄りのトラックにダブ処理がいくらか耳に残る程度。まだUS産の後を
追っている感じでしょうか。

ジュニア・ジーは'80年代後半まではラッパーとしてソロ・シングルを数枚リリース
した後、'90年にはインダストリアル/アンビエント系グループのフッドラム・
プリーストに加入。更にその後は敬虔なクリスチャンという出自を生かして
ゴスペル・ラップ的な音楽をやっているようです。最近のインタビューの映像
見ると、見た目はそれなりにミュージシャンぽい(かなり太ってますが)のに、
語り口は非常に穏やかで「悟った」感が強く伝わります(笑)。







ジョン・ピール・セッション時の曲"Love Money"。こっちのほうが機材がチープな分エレクトロぽい?

Automation & Family Quest"Dancing In Outer Space/Outer Space 84 Rap"(Jungle Rhythm SWE-T 2)1984

familyquest.jpg

オートメーションはイギリスの白人プロデューサー/キーボード奏者の
ギャリー・ヒューズ(Garry Hughes)を中心としたプロジェクト。
'80年代半ばに2枚のシングルを残しています。

ギャリーの詳しい経歴は不明ですが、'84年にミミなる女性シンガーの
シングルで演奏を担当してデビューし、'80~'90年代半ばまでは
D-モブ、ヨス・インディ等のディスコ/ダンス・ポップ系のレコードで
プロデュース/演奏を手掛け、それ以降はビョーク、スライ&ロビー、
ピンク・フロイド等メジャー系のアーティストのレコーディングに
幅広く参加。いっぽうでエコー・システム、ボンベイ・ダブ・オーケストラ
という自身のグループではアンビエント/エスニック・ミュージック系の
作品を発表しています。スタジオ・ミュージシャンとして鍵盤系の
仕事を多数こなしつつ、自身の作品では趣味の世界を追及している
感じでしょうか。

キャリアの初期の頃はいわゆるUKジャズ・ファンク(ブリト・ファンク)系の
ミュージシャンとの関わりが強かったようで、今作ではその流れの
ひとりであるピーター・ハインズとコラボしています。ピーターは
ブリト・ファンクの代表的グループ、アトモスフィア~ライト・オブ・ザ・
ワールド~インコグニートを渡り歩いてきた黒人のキーボード奏者。
今作はライト~が解散した直後ぐらいに、二人が軽いノリで作ったもの
ではないかと思います。ちなみにオートメーションの次のシングルには
アトモスフィアのギタリスト、アンディ・ソジカが参加していました。

今作のA面はアトモスフィアのヒット曲"Dancing In Outer Space"の
カヴァー。原曲自体がジャズ・ファンク・クラシックとして今も
プレイされる曲で、サックスのキレの良いリフ、間奏部分での
「ミョミョミョミョッ」というシンセ・ソロが印象的です。
「エレクトロの曲」として認識されているのは、B面にはその曲に
ラッパーをフィーチュアした"Outer Space 84 Rap"が入っているから。
ラップを担当しているのがファミリー・クエストの面々です。

ファミリー~はチコ・MC、イー・ミックス(E-Mix)、ダーティ・ハリー、
ミステリー・MCの4人組。彼らはUKのDJチーム、ミックスマスターズの
出演していたコヴェント・ガーデンのスパッツというクラブでの
イヴェントでのレギュラーMCとして人気を集め、イギリスでの
ヒップホップ・カルチャーの発展/定着に大きく寄与したとのこと。
今作は彼らの初レコーディングになります。

打ち込みのドラムがアップ・テンポのビートを刻み、JBのシャウトが
スクラッチで入れ込まれてスタート。エレピ、ストリングス・シンセ、
シンセ・ベースが加わり、ラッパーたちが掛け合いで自己紹介して
いきます。ちょっとダンスホール・レゲエの影響も感じる早口になったり、
タイトルを唄ったりしつつ曲はすすみ、その後はチコ・MCから順に
ソロ・パートへ。徐々に原曲のエレピやベースのリフ音も大きく
ミックスされていきます。ラストは女性のミステリー・MCで締め、
彼女の「バイバ~イ」という声で終了。

バックの音は原曲を打ち込み/シンセ類に置き換えただけのシンプルな
ものですが、本場のヒップホップも元々はヒット曲のブレイク部分を
流用していたわけで、この曲はその元ネタにUK原産のものを選んで
いるところに「俺たちのオリジナルを作るんだ!」という意志を
感じます。ファミリー~のラップは小節の終わりにガヤを入れる
ところや、女性MCが居る辺りはファンキー・4+1の影響を感じますが、
いい意味での軽さが曲調にも合ってけっこうカッコイイ。原曲と
繋いでかけるとバカ受けしそうです。

ファミリー・クエストは、この2年後にデイヴィッド・トゥープ(!)の
プロデュースでシングル"Sleepwalking"を発表した後、解散して
しまいますが、リーダー格のチコ・MCはソロで活動を続け、現在では
「ダディ・ヒップ・ホップ」と呼ばれるUKの重鎮になっているそうです。


"Outer Space 84 Rap"




Automation版"Dancing In Outer Space"





原曲:Atmosphere"Dancing In Outer Space"

Star Studded Strutters"Neckwork"(Eron 12A97)1983

starstuddedstrutters.jpg

スター・ステュデッド・ストラッターズはテキサス州ダラスを拠点に
活動していたユーシェイ・イーロン(Ushy Eron)によるプロジェクト。
このシングル一枚のみしかリリースしていません。レーベルもイーロン
個人のもののようで、この曲のリリースだけで消滅しています。

イーロンの詳しい経歴は不明ですが、本職はDJで、'80年代初頭から
ダラスのマッド・キャップ・モリーズ、スターヅ、ピザッツといった
クラブでオサラを廻しつつ、KNOKやKKDAといった当地のラジオ局でも
番組を持ち、ダラスでNo.1のファンクDJとして絶大な人気を誇っていた
とのこと。彼は主にヒップホップよりもファンクのレコードを好んで
かけていたらしく、自身のプロダクション名にはブライズ・オブ・
ファンケンシュタインのアルバム名から引用した「ファンク・オア・
ウォーク」を冠しています。彼のDJプレイは曲同士のミックスの
テクニックがすばらしく、ダラス周辺のリスナー達は皆彼の番組を
録音していたとのこと。ヒップホップ世代からも支持されており、
'07年に没した後も彼の業績を称える番組やミックス・テープが作られて
います。

この曲のレコーディングの経緯も不明ですが、おそらくダラス発のファンク/
ヒップホップを広めたい、みたいな意図があったものと思われます。
ジャケットには大きくダラス周辺の地図があしらわれ、アーティスト名も
曲名も無く大書きされた"Sounds of a Serious Dallas Party"の文字...
ヒップホップでは時に地元讃歌的な曲が見られますが、あまり音楽が
盛んでない地域ほど、いざ形になるとその愛情が大きく出てしまうのかも
しれません。

作曲/プロデュースはイーロン自身。コ・プロデュースにこの後ヴァニラ・
アイス(彼もダラス出身なのでした...)を手掛けることになるキム・シャープが
参加しています。

リン・ドラムが軽快なビートを刻み、ヴォコーダーが"Listen To Me,(x2) To
Party Rock!"と繰り返します。その後リズム・ギター、エレクトリック・ベース、
ストリングス・シンセ等も加わり、ファズのかかったシンセとスラップ・ベースが
2小節のフレーズを繰り返す中を、男性(イーロン)が大げさなアクセントを付けて
ラップしていきます。途中からはハード・ロック調のギターも加わり、ラップに
応えるようにフレーズをキメていきます。中盤にギター・ソロが入った後は
イーロンが"Work It,Break It"とか"Upstroke,Downstroke"等と囃し立てる
フレーズを繰り返してフェイド・アウト。

サビ無しでノリ一発!みたいな勢いで作ってしまったような曲。詞の内容も
「首を振れ、踊りまくれ~!」といった感じでイージーと言えばイージーな
出来です。打ち込みのリズムは使っているものの、生演奏の比重も高くて
どこか野暮ったい印象もあります。当ブログではテキサス産のレコードというと
先にX-25バンドの曲を取り上げていますが、ヒップホップ的なこだわりが
浸透し切れずにR&Bと混じってしまうような感じが共通していて、ローカルな
エレクトロの限界も感じます。この曲はElectro Empireの投票でもけっこう
挙げられている、人気のある曲ではあるのですが...



Gorgeous George"Cabbage Patch Scratch"(April A-4001)1986

gorgeousgeorge.jpg

ゴージャス・ジョージは'70年代半ばからフィラデルフィアを
拠点に活動するプロデューサー/シンガーのバディ・ターナーの
変名プロジェクト。シンガーのクラレンス・リードが
ラッパーとしてはブロウフライと名乗って活動していたように、
若者向け(?)なヒップホップを演る時はヒップなキャラクターを
演じたい、ということだと思います。

バディは、'76年ごろにディスコ系グループのリッチー・ファミリーの
バック・ヴォーカリストとしてキャリアをスタート、その後は
エディ・ケンドリックス、ファースト・チョイス、ダブル・
エクスポージャー等につぎつぎと曲を提供し、フィラデルフィアの
ソウル・シーンでソングライターとして頭角を表します。
'80年代に入る頃には地元のフィリー・ワールド・レーベルを中心に
プロデュース業を開始し、キャプテン・スカイのシングルや
サーチのアルバム、Qのシングル"The Voice Of Q"等、後年に
ブギーの隠れ名盤と言われるようになる作品を発表します。

同じ頃バディはフィリー・ディヴォーションのリード・シンガー
だったマット・コヴィントン(Matt Covington)と共同で
エイプリル・レコーズを設立。当初はマットのソロ名義の
ソウル系作品をリリースしていましたが、時代の流れを
察したバディは'86年ごろからヒップホップ寄りにレーベル・
カラーを転換、第一弾として自身がラップに挑戦した今作を
発表することになります。

作曲/アレンジ/プロデュースはバディ自身。DMXのプログラミングは
レコーディング・エンジニアのジーン・レオーネなる白人男性が
手掛けています。

DMXがミディアム・テンポのファンク・ビートを刻み、そこに
スラップ・ベース、ファンキーなリズム・ギター、ホーン・
シンセが順に加わったところでバディのラップがスタート。
メリー・メル辺りを意識しているようですが、ちょっともっさりした
今イチ垢抜けないトーンです。サビでは女性コーラス隊が入って
きて、バディのラップとコール・アンド・レスポンスを行います。
その後短いパーカッションのソロが入ったり、低音の男声の
"Baby"という掛け声が入って変化を付けつつ曲は進み、後半に
バディが"Scratch!"と叫ぶとキーボードがスクラッチ音を模した
ブニュブニュというソロが繰り返し、その後はバディが
"Everybody Up!~Dance!"等とアドリブでラップして、女性コーラスの
コーダと共にフェイド・アウト。

ニセ・スクラッチのブニュブニュ音には腰くだけになりましたが、
それも含めて、この程度の(生音中心の)アレンジがR&B畑の人に
とってのヒップホップ解釈ということなんでしょう。
"Cabbage Patch"というのはダンスの名前のようですが、
もともとディスコからスタートしたバディにとっては
ヒップホップも流行りのダンス・ミュージックのひとつ、
ぐらいの認識だったのかもしれません。

下に挙げたCD、実は今回の曲は入っていないのですが、バディの
関連作をまとめて聴けるものがほぼこれ一枚しかないので
挙げてみました。終盤にエイプリル・レコーズから出た
もうちょっとマトモな(笑)ヒップホップ・ナンバーが数曲
入っています。






プロフィール
クロい音楽全般が好きなのですが、 ここではエレクトロとオールド・スクールの アナログ盤に絞って紹介していきます。

KDMX

Author:KDMX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。