スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"Wax Poetics Anthology Volume 1"(Wax Poetics Books)2007

waxpoetics.jpg

またネタ切れになってしまったので、しばらく更新はお休みします。
前回休んだ時は4か月ほどで復帰しましたが、最近はレコードを入手する
ペースが大幅に落ちて(今年に入ってから新たに手に入れたのは3枚ぐらい...)
いるので、今度はかなり長期間になると思います。追い打ちをかける
ように円安が進行しているのにも参りました(汗)。

今回画像を挙げたのは、アメリカで発行されている雑誌"Wax Poetics"の、
現在では入手困難になってしまった初期の号(1~5号)の記事から選りすぐった
合本。"Wax~"は、数年前から日本版も発行されているのでご存じの方も多いと
思いますが、ヒップホップ/ファンク/ジャズ/レゲエ/ハウス/ラテン等の
音楽/ミュージシャンを独自の切り口で紹介する雑誌。現役の人も取り上げますが、
それと同列に'60~'80年代のミュージシャンにも取材して、新たな視点や
謎を解き明かすような掘り下げを行っています。

この本は全体を大きく3つに分け、最初の"Music Is The Message"では
バーナード・パーディ、クライド・スタブルフィールド等のドラマーから、
ウェルダン・アーヴィン等のジャズ、ファニア・レーベルのサルサ、
キング・タビーがダブを「発見」した瞬間、など主に'70年代の
ミュージシャンの記事を取り上げ、つぎの"Hip Hop And It Don't Stop"
ではプリンス・ポール、ダ・ビートマイナーズ、ダイアモンド・D等の
プロデューサーや、最初期のグラフィティ・ライター、トレイシー・168の
記事などヒップホップ関連全般を、最後の"Check Your Bucket"では
「アルティメイト・ブレイクス&ビーツ」の全曲目リスト、ルイ・ヴェガが
選ぶお気に入り12インチ、フィラデルフィアのレコード・ディーラー、
ヴァル・シヴリーの膨大なコレクション...等レコードそのものにこだわった
記事がまとめられています。

普通は音楽雑誌というと、新譜が出たミュージシャンのインタビューや
新作の分析、巻末にはディスク・レヴューといった具合に新作中心に廻して
いくものですが、この雑誌はその辺を殆ど切り捨てて、レコード・ディガー達に
向けたクロい音楽、いい音楽を紹介する姿勢に徹しているところが素敵です。

ただ、最近の号はネタも尽きてきたのか割とメジャーなミュージシャンの
足跡を辿る的なものが多くなってきているのが残念...まあ、あまり重箱の隅を
つつくようなものばかりでは商業誌として成り立たないのだろうとは思いますが。

この合本には特にエレクトロ関連の記事は載っていないのですが、他の号では
「プラネット・ロック」誕生秘話を明かす21号、ニュークリアスのインタビューが
載った27号、エジプシャン・ラヴァー&アラビアン・プリンスの合同インタビュー
入りの32号、フレディ・フレッシュがお気に入りのエレクトロ/オールド・スクールの
シングルを紹介する29号等があり、このブログの記事を書く際にも参考になりました。

そんなわけで、またネタがたまってきたら再開しますので、それまでしばらく
お待ちください。



スポンサーサイト

Sacha Jenkins,Elliott Wilson,Chairman Mao,Gabriel Alvarez & Brent Rollins "Ego Trip's Book Of Rap Lists" (St. Martin's Griffin) 1999

egotrip.jpg
前回のスーパー・コパーの盤をもって紹介したレコード枚数が100枚に達しました。
ブログ開始時の目標が、エレクトロのアーティストを(カブりなく)100組紹介する
ことだったので、ひとまずは達成出来ました。

さすがに毎日更新はしんどくなってきたので、これからは更新頻度は落ちると
思います。あと、既に紹介済のアーティストの2枚め、3枚めも取り上げることも
多くなります。

今回の画像の本は、雑誌「Ego Trip」のスタッフが編集した、ヒップホップに関する
様々なトリビアをユーモアたっぷりにリストの形式で紹介したもの。ためになる
ものもあれば、どうでもいいようなアホなリストもあります。具体的には、
アフリカ・バンバータが'88年に英「Blues & Soul」誌に発表した、お気に入りの
ブレイク55曲とか、レッド・アラートによるオールドスクール期のDJたち(クール・
ハーク、バンバータ、ディスコ・キング・マリオ、グランド・ウィザード・セオドア、
AJスクラッチ等々...)の回想といった、資料としても重要なリストもあれば、
「ラッセル・シモンズが結婚する前にデートしたかった女性21名(何故か全員
「P」で始まる名前で統一されていて、1位は007「ゴールドフィンガー」のヒロイン
役だったプシー・ガロア)」というような、読んだ5分後には忘れているような(笑)
リストもあります。

基本的にはゴールデン・エイジと言われる'80年代後半から、'90年代半ばごろの
曲/アーティストに関するリストが中心ですが、巻末の「各年度毎のヒップホップ史上
重要なシングル」のリストのように、エレクトロ好きにも興味深い('82~'84年ごろは
エレクトロ全盛期だったことが改めてわかります)ものも載っています。

全体としては、ヒップホップが大好きな人なら楽しんで読める、粋な副読本という
感じです。右のプロフィールに使用している画像も、この本の中の「ビズ・マーキー
人形とオレ」という、オバカな50枚あまりのスナップ写真の中で私がいちばん笑った、
ベイビー・ポール(ダ・ビートマイナーズ)の写真なのでした。



Freddy Fresh "Freddy Fresh presents The Rap Records" (Nerby Publishing) 2004

raprecords1st.jpg
次回から、'80年代のエレクトロ~オールドスクール・ヒップホップのアナログ盤を
紹介していきます。

今回の画像はこの手のレコードを集める人たちのバイブル、フレディ・フレッシュの
本の表紙です。昨年改訂/増補されて分厚くなった版も出ましたが、アマゾン等で
簡単に入手出来るのはこのファースト・エディションのようなので、とりあえず
こちらを載せてみました。




プロフィール
クロい音楽全般が好きなのですが、 ここではエレクトロとオールド・スクールの アナログ盤に絞って紹介していきます。

KDMX

Author:KDMX

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
counter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。